WA ベレッタ M92FS ブローバックモデル

WA ベレッタ M92FS ブローバックモデル

写真&解説 YAS

解説

1993年末に発売されたウエスタンアームズのベレッタ M92FS ブローバックモデルはエアガン史に紛れもなく大きなインパクトを与えた一丁だ。
発売後の一般公募で"マグナ"ブローバックと愛称が決まった本ユニットは、弾が発射されてからスライドが後退し始める1WAYのプレシュート方式を採用し、ブローバックモデルでありながら高い命中精度とアクションを両立した。
リアルな外観はもとより、実銃同様の発射操作、分解手順、ショートリコイル再現、内部パーツレイアウトなど、現在のガスブローバックガンの基礎を確立したモデルで、その完成度は、当時の他社製品を圧倒し、エアガンファンのみならず、モデルガンファンをも魅了、大ヒットとなった。

WAのマグナブローバックは、その後もガバメントやデザートイーグル、イングラムM11やM4カービンなどの長物にまでシリーズを拡大、廃盤となったモデルもあるが、現在も多くのラインアップが発売されている。WA社以外にもマグナのユニットを契約採用したSIG P226、ルガー P08シリーズなどがタナカより発売されている。

また、WAのマグナブローバックは、ベレッタ社の商標権や、ブローバック機構の知的財産権侵害といった訴訟問題を引き起こしたという点でも業界に大きなインパクトを与えた。多くのトイガンメーカーや関係業者を巻き込んだその訴訟の多くは、原告であるWAの敗訴となったが、エアソフトガンが世界的に大きな市場を形成する現在に至るまで、ユーザーにもトイガン業界にも強烈な存在感を示した節目と呼ぶべきモデルである。

ベレッタ M92FS ブローバックモデル
ガスブローバックモデル
1985年に米陸軍でベレッタ M92Fが制式採用されると、映画『リーサル・ウエポン』『ダイ・ハード』『男たちの挽歌』などで、主人公が使う銃として人気を集め、エアガンも多くのメーカーで競作となった。WAではまずスライド固定ガスガンを先に発売し、満を持してのガスブローバックモデルの登場となった。

最高峰のディティール
うっすらとパーティングラインは残るものの、形状や刻印にいたるまで、当時としては最高峰のディティール再現度と言える。その後、様々な外観フィニッシュやHW素材によるバリエーションを増やし、マグナブローバックの機構もアップデートを繰り返し進化してゆく。

ダブル/シングルアクション
実銃同様のダブル/シングルアクションが可能で、セフティレバーによるデコック機能も搭載し、実銃の操作を完全再現した。そのトリガーの切れもあり、スピードシューティング競技者にも受け入れられた。

ホールドオープン
ショートリコイルによるバレル後退、最終弾を撃ち終わるとベレッタ独自のスライドがホールドオープンし、内部メカが露出しないエジェクションポートには誰もが驚いた。それまでエアガンに興味が無かったモデルガンファンまでをも虜にしたのだ。

グリップパネル
ベレッタのロゴが入ったグリップパネル。のちにこのイタリア ベレッタ社の商標独占使用権をWAが取得し、訴訟問題に発展するとはだれもが想像しなかっただろう。

マグナブローバックユニット
マグナブローバックユニットの作動は、ハンマーが落ちるとファイアリングピン(ノッカー)がマガジンのバルブを叩きガスを放出、BB弾がバレルから発射されると減圧によりローディングノズル内のフローティングバルブが前進してガスルートを切り替えブローバックする仕組み。

通常分解
テイクダウンラッチを解除し、通常分解も工具を使わずにここまでできる。その構造や形状は当時としては画期的だった。発売時はホップアップ機構はなかったが、1995年末発売のスーパー・バージョンで可変ホップアップシステムが搭載された。

マガジン
亜鉛ダイキャスト製のマガジンで装弾数は15発。専用のBBローダーも付属した。スーパー・バージョンで装弾数が25発に増加、後にN.L.S.(ノン リキッド システム)として生ガスが吹きにくい仕様に改良された。

パッケージ
パッケージ。発売当初、まだ"マグナ"ブローバックという名称はなく、一般公募によりそのブローバックシステムの名称が決定した。

マニュアル
操作方法、分解・メンテナンス方法など詳しく解説された取扱い説明書。また、発売に先立って、本製品の魅力を伝えるべく、国本圭一社長自ら出演する解説ビデオ(VHS/15分/¥1,000)も製作・販売された。
マニュアル.PDF (6.3MB)

DATA


発売年 1993年12月
発売時価格 ¥19,000
¥17,000 (センチュリオン)
全長 実測 217mm
重量 実測 854g
バレル長 -mm
発射方式 リキッドチャージ式ガスブローバック
使用弾 6mmBB弾
装弾数 15発
平均初速 68.11m/s

2020/03/01


■関連リンク

ビンテージ エアガン レビュー TOP ビンテージ エアガン レビュー TOP

トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 - トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 -

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

考察 ブローバック・ガスガン 考察 ブローバック・ガスガン