コクサイ S&W M629 セブンショット

コクサイ S&W M5904 M5906 ポイントゲッター

写真&解説 小堀ダイスケ

解説

コクサイのS&W M5904(M5906)は、S&Wサードジェネレーションオートマチックのエアガンとしてはかなり出来の良い製品だった。

発射機構は固定スライドのガスガンで、メカはとくに目新しいものではないが、外観の再現性はなかなかのものだ。

実銃では、アルミ製のフレームとスチール製のスライドという異なる素材で色味が違う。それをM5904ではABS樹脂の表面処理で、M5906ではメッキの質感でうまく表現していた。

今回紹介するのはその両モデルに大型のスタビライザーとマズルブレーキが装着された、ポイントゲッターなるメーカーカスタムモデルだ。

パッと見の印象はロボコップオート9の小型版、とでもいえば聞こえはいいが、なんだろう、いまひとつ中途半端なイメージはぬぐえない。

仰々しいスタビライザーにレーザーサイトが内蔵されたバージョンもあり、当時としては近未来的なイメージを目指したようだが、インナーバレルなどは特に延長されておらず実射性能はノーマルのまま。しかしこれがよく当たり、命中精度はなかなかのものだ。

オーナーのサタデーナイトスペシャル氏が実射した標的紙を見ると、距離5mで5発のグルーピングは25mm。プリンキング用としてはもちろん、これはマッチにも使えるレベルといっても過言ではないだろう。

性能自体は決して悪くないのだが、サバゲーのサイドアームとしてはいまひとつだし、近未来SFガンとして考えても、ロボコップのように明白な設定が存在せず、どこか生気が薄いというか、強い訴求力がないと感じてしまうのは私だけだろうか。

サイドビュー 左
サイドビュー 右
上、M5904。下、M5906。大型のスタビライザーに目がいってしまい、せっかく出来の良い本体のイメージが薄れてしまうのは残念だ。

スタビライザー
スタビライザーとマズルブレーキはアルミ製。マットグレーの表面処理自体はいいのだが、M590、M5906共に本体との色味が違うため違和感が大きい。

リアサイト
スライド上面はマット仕上で全体的な質感はリアルだ。リアサイトは左右調整が可能。

チャンバー
チャンバーカバーには粗めのヘアーラインが入っている。斜めにへこんだエキストラクターの再現も秀逸。コクサイ独自のホップアップシステム、スナイパーシステムを内蔵する。

グリップ
ラップラウンドグリップの質感も素晴らしい。Smith&Wessonの刻印は入っているのに、ロゴマークはKとSを組み合わせた(国際産業?)オリジナル。

レーザーサイト
スタビライザー内にレーザーサイトが収納されたモデルは¥11,000高かった。全体的にSF銃の雰囲気を表現したかったようにも見える。

マガジン
放出バルブ
M5904とM5906でマガジンの色を変えてあるのはさすがだ。パテント回避のためかマガジン内に放出バルブはなく、銃本体からのびるノズルと連結するデザイン。

5mグルーピング
オーナーのサタデーナイトスペシャル氏が5mから5撃った標的紙。グルーピングは25mmで、命中精度はかなり高い。

パッケージ
パッケージはとくに特徴のない発砲スチロールと厚紙製の上箱。

マニュアル
マニュアルは小冊子になっており、コクサイの他の製品マニュアルもすべて1冊にまとめられた物。
マニュアルPDF (2MB)

DATA


発売年 1991年春 (M5904/M5906)
1994年2月 (ポイントゲッター)
発売時価格 ¥14,800 (M5904)
¥15,800 (M5906)
¥20,000 (M5904 ポイントゲッター スタンダード)
¥31,000 (M5904 ポイントゲッター レーザーサイト付)
¥21,000 (M5906 ポイントゲッター スタンダード)
¥32,000 (M5906 ポイントゲッター レーザーサイト付)
全長 実測 285mm
重量 実測 824g
バレル長 95mm (4") / 145mm (6")
発射方式 リキッドチャージ式ガス
使用弾 6mmBB弾
装弾数 14発
平均初速 51.5m/s

撮影協力:サタデーナイトスペシャル

2020/11/15


■関連リンク

ビンテージ エアガン レビュー TOP ビンテージ エアガン レビュー TOP

トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 - トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 -

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

考察 ブローバック・ガスガン 考察 ブローバック・ガスガン