ファルコントーイ H&K MP5SD3

ファルコントーイ H&K MP5SD3

写真&解説 YAS

解説

ファルコントーイはエアガン黎明期からMP5にこだわり続けていたメーカーだ。
ハンドガードをポンプアクションさせるカート式エアコッキングのMP5KやMP5SD3が第一世代だとすると、これをベースにフルオートガスガン化したMP5SD3が今回紹介する第二世代、外観を刷新しボックスマガジン化したガスガンのMP5SD3アグレガード/MP5Kディスクレートが第三世代、そしてバルグシステムを搭載した電動ガンが第四世代といった進化を遂げてきた。

1988年に発売された本ガスガンはセミ、フルオートの撃ち分け可能な独自メカを搭載しており、フルオートの仕組みはアサヒBV式のパテントを回避したサブチャンバーを持たない垂れ流し式。セミオートではトリガーに連動してBB弾とガスをカットオフする。このため命中精度はあまりよくなかったようだ。

ちなみにファルコントーイのMP5が1994年に電動ガン化される際、東京マルイが持つ電動ガンのパテントを回避するため、当時堀川玩具が持っていた蛇腹(バルグ)を使った玩具のパテントを使用して、ガスガンをベースに電動発射システムを組み込んだという経緯があったそうだ。この企画製造を担当したのがTOPジャパンで、ファルコントーイがエアガン製造から撤退した後も、このバルグシステムを使用してM60、ミニミ、64式小銃といった同システムを搭載した電動ガンがTOPジャパンから発売されている。

ファルコントーイの歴史を紐解くと、MP5への強い情熱と、大手メーカーのパテント回避という苦心ぶりが伺えるのだ。

サイドビュー左
サイドビュー右
手にすると、「ちっちゃ!」と思わず声を上げてしまった。当時はサイズなど気にもしていなかったが、ボーイズサイズくらいのデフォルメ感で、ずいぶんと華奢だ。旧型ロアレシーバーは懐かしさが込み上げるが、やけに細長いサイレンサーとフィンガーチャンネル付きのハンドガードなど、プロポーションにも時代を感じさせる。

ハンドガード
フロントサイトは樹脂製。ハンドガードはエアコッキング時代の名残でポンプしやすいフィンガーチャンネルがあるが、ガスガンでは固定されている。豆粒のように小さいコッキングノブも動かないダミー。

チューブラーマガジン
フロントサイト下の真鍮製のキャップを取り外すとチューブラーマガジンとなっており、ここに6mmBB弾を装填する。装弾数は56発。マガジン内にもガスが流入するので、キャップ裏には密閉用のOリングが付いている。そのためキャップを紛失してしまうと作動しないという問題があった。
サイレンサーは取り外すことができ、内部にもアルミ製インナーバレルがあるエクステンションバレル構造だ。

リアサイト
ドラム式のリアサイトは亜鉛ダイキャスト製で回転させることもできる。

セレクター
セレクターは一見して3ポジションに見えるが、S(安全)とF(発射)のみに切り替わる。セミ/フルオートの切り替えはその前にあるスライドスイッチで操作する。
トリガーはフルオート時はストロークが短くガスのバルブを開放し続け、セミオート時はストロークが長くなり、ガスを放出したのちにカットオフする作動が入る。

ダミーマガジン
本来のマガジンは側面のボタンか、トリガーガード前のレバーで取り外せるがガランドウのダミー。このマガジンもずいぶんと細く、カート式エアコッキングガンの金型を流用したようだ。エジェクションポートは別パーツで塞がれているが、これもカート式時代の名残りだ。

ストック
ストックはレシーバーエンドのリリースレバーを操作して3段階に伸縮できる。最大に伸ばしても大人だと窮屈な構えだ。バット部の形状が丸っこくてやけにカワイイ。

カプラー
旧タイプ形状のグリップ底部にはガスホースをジョイントするカプラーがある。

付属の6mmホース
付属の6mmホースを接続し、ガス缶を取り付けて外部パワーソースとする。実射してみようと思ったが、なんとこのコネクターにガス缶があわない。
現在のガス缶はロングノズルで、このコネクターに長過ぎ、さらにノズル根元にネジが切ってないものでは取り付けられないのだ。残念。

パッケージ
パッケージには、手榴弾型のBBボトル、スリング、外部ホース、純正BB弾が付属している。

付属のBB弾とBBボトル
付属のBB弾は重量0.12g。経年劣化だろうか変色している。BBボトルのキャップを見ると現在でも販売されているBBボトルと同じ形状なのが分かる。ファルコントーイはエアガン製造事業から撤退後もBBボトルの製造販売を行っていた。

マニュアル
取説はいたってシンプル。マニュアル.PDF (13MB)

DATA


発売年 1988年4月下旬
発売時価格 ¥9,900
全長 実測 615~730mm
重量 実測 1,120g
バレル長 -mm
発射方式 外部ソース式ガスフルオート
使用弾 6mmBB弾
装弾数 56発
平均初速 -m/s

撮影協力:中古侍 / FIRST

2022/06/14


■関連リンク

ビンテージ エアガン レビュー TOP ビンテージ エアガン レビュー TOP

トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 - トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 -

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

考察 ブローバック・ガスガン 考察 ブローバック・ガスガン