ハイパーターゲット

ハイパーターゲット エアガン用ターゲットボックス

ハイパー道楽オリジナルのターゲットBOXを作ってみました。

私は家でエアガンを撃つことが多く、これまで市販のエアガン用ターゲットをいろいろ使ってみたのですが、どうも自分好みのターゲットボックスが見つからず、それでは作ってみようとなりました。

それが今回ご紹介する「ハイパーターゲット」です。

目指したのはシンプルさと堅牢性

エアガンの部屋撃ちに最適な、大きすぎず、小さすぎない絶妙なサイズを目指しました。
入手性の良いA4用紙をターゲットペーパーとすることで、ランニングコストの低減にも配慮しています。
シンプルなデザインで、部屋の片隅に設置しても圧迫感が少ないものにしました。

前面
フレームとベースは厚みのある鋼板、弾受け部分は内側がPVC加工されたナイロン生地です。
さらにメッシュ生地のカーテンを取り付けし、BB弾の威力と着弾音を低減します。
国内のレギュレーションである、18歳以上対象の威力0.98Jまでのエアガン射撃に耐えられるよう、比較的丈夫な素材をチョイスしました。

側面
側面から見た形状は三角形で、傾斜した背面でBB弾を受け止め、ボックス内に弾が留まりやすい形状になっています。フレームと弾受けは面ファスナーとネジ3本で固定されていますので射撃の衝撃で外れることもありません。

形状比較
立方体のターゲットボックスは壁に接して撃つと壁にBB弾の凹みがついてしまうことがあります。その点、このハイパーターゲットは背面が傾斜してるので、壁際で撃っても弾が壁に接することなく、かつ跳ね返ったBB弾がボックス外に飛び出しにくい形状になっています。

ターゲットペーパーのセットが簡単

簡単にターゲット用紙が装着できるマグネット方式

A4サイズのターゲット用紙はボックス前面に2枚付属するマグネットシートでセットします。上下にピンとペーパーを張ることができます。写真は直径15cmのブルズアイのペーパーターゲットです。

フレーム挟み込みタイプは用紙をセットするのが面倒だったり、クリップ式ではBB弾の被弾で変形・破損してしまう場合がありますが、ハイパーターゲットでは弾力のあるマグネットシートを採用しているので仮に被弾しても壊れる心配はほぼありません。

このマグネットシートは定規にもなり、グルーピングを計るのにも便利です。

グルーピングを計るのに便利

ペーパーターゲットはボックスから弾が飛び出しにくいのと、グルーピング(着弾痕)を確認でき射撃が上達しやすいので、プレート式ターゲットボックスより気に入っています。

ターゲット用紙は無料ダウンロード

無料ダウンロード
ターゲットペーパーはPDFでハイパー道楽のサイトから無料ダウンロードできます。
撃ちたいときに、必要なだけ印刷して使えます。もう高いターゲットペーパーをまとめ買いする必要はありません。どこにしまったのか、見つからないなんてこともありません。
ターゲットペーパーの種類は今後も増えていく予定です。

ICO > ターゲットペーパー ダウンロードはこちら

三脚に搭載できる

ハイパーターゲットの底部にはカメラ三脚用のUNC 1/4ネジ穴がありますので、三脚に設置可能です。

三脚に搭載できる

従来使っていたターゲットボックスは設置場所に困ることが多く、イスや棚の上に置いていました。
ハイパーターゲットは射撃スタンスに合わせて、高さを調節できる三脚に設置できるので、より自由に安定した射撃が楽しめます。肩の高さにあわせて的を撃てるのは便利です。

取付ネジ穴はスチール材のベースに直接タップを切っていますので、強度があり、ガッチリと三脚に固定できます。このベースパーツは重量もあるので、ボックスの低重心化に貢献しています。

貯まったBB弾を捨てるのも楽々


BB弾はボックス内に3000発は溜まる容量があります。しかし、重くなるので、そこまで貯める前に捨てましょう。BB弾を捨てるのも面ファスナーを少し開いて逆さにし、角からザザッとゴミ箱に捨てるだけです。

組み立て式で収納にも便利

ハイパーターゲットは簡単な組み立て式なので、収納スペースにも困りません。

フレームとベースパーツをネジ3本で固定し、フレーム外周に面ファスナーを貼って弾受けをスチールフレームに固定します。

最後にメッシュカーテンを弾受け内側の面ファスナーに取り付ければ完成です。

フレームはスチール製なので、仮にBB弾がフレーム部分にあたっても壊れることはありません。ただし跳弾には十分注意してください。

弾の威力と着弾音を吸収するカーテンは柔らかめのメッシュ生地を使っています。これは消耗品なので交換可能になっています。
メッシュカーテンとマグネットシートはスペアパーツの別売を予定しています。

次世代電動ガンによる射撃テストでも概ね問題ない耐久性がありました。

プロターゲットとの比較

私は長年、マルイのプロターゲットを愛用してきましたので、大きさを比較してみましょう。


プロターゲットが専用の正方形ペーパーに対して、ハイパーターゲットはA4サイズのペーパー。近距離射撃では上下に着弾がブレることが多いので、これくらい的が大きいほうが安心感があります。


奥行きはプロターゲットと同じくらいです。設置場所のサイズとしてはあまり差はありませんから、今までの場所にも置きやすいと思います。

プロターゲットは初速高めのエアガンで連射していると穴が開きやすいんですよね。上の写真は長らく私が愛用したプロターゲットです。樹脂フレームが割れないようにスポンジを貼って被弾保護したり、ガムテープでネットを補強したりしましたが、結局背面に穴が開いてしまい...。
ゴムバンドがベロベロに伸びてしまい、カーテンはビリビリに破け、すぐにネットが外れてしまいます。こんな感じで、これまで3回ほど買い換えました。
知らないうちに壁にBB弾の凹みを作ってしまい、壁の補修にウン万円の費用が掛かってしまったこともありました。

市販のターゲットは安価な半面、買い替えサイクルが早いものが多いのも事実です。
なので、ちょっと値が張ってでも、もう少し丈夫なターゲットボックスを長く愛用したいと思い、このハイパーターゲットを作りました。

このハイパーターゲット、今回限定的に100個のみ一般販売します。
欲しいという方はあらかじめショップに予約を入れていただくと、入手しやすいかと思います。


◆スペック◆
高さ 約32cm、幅 約22cm、奥行き 約24cm、重量 約960g
SECC鋼板 半光沢ブラック塗装仕上げ、PVC加工ナイロン生地、ポリエステル生地製
2021年末発売予定、価格未定。

※使用上の注意
フレームにBB弾がヒットすると跳弾しますので、十分注意してください。
1点を集中して連射し続けると、いかに丈夫な素材といえど破損する場合がありますのでご注意ください。

※写真のハイパーターゲットは試作品です。

2021/10/09