SUREHIT MASTER専用ハイマウント「杯マウント」

SUREHIT MASTER専用ハイマウント「杯マウント」

ハイパー道楽のオリジナル製品が完成!!
ノーベルアームズのマイクロドットサイト、SUREHIT MASTER専用ハイマウント「杯マウント」を作ったのでレビュー!!

製品1

サバゲーやシューティングで愛用しているノーベルアームズの人気マイクロドットサイト、SUREHIT MASTER。コンパクトでハンドガンから長物にまで使える汎用性がとても使いやすいのでお気に入り。

ICO ノーベルアームズ SUREHIT MASTER ドットサイトのレビュー

SUREHIT MASTER
ただ、ひとつ気になっていたのが、このドットサイトをライフルなどの長物に載せるときにハイマウントがあったほうが狙いやすいのだが、SUREHIT MASTERにピッタリあうハイマウントがなく、汎用品しか見当たらないことだった。

そこで、SUREHIT MASTER専用のハイマウントを作ってしまおう! プロジェクトが始動!
ノーベルアームズさんに許可を頂き、専用のハイマウントを作ってみた。

手書きでマウントのデザイン
まずは手書きでマウントのデザインを考えてみる。こんなかんじのエッジが効いていて有機的な曲線で構成されたハイマウントってカッコ良さそう!!

レンズシールド
ついでにレンズシールドもマウント側に搭載できたらサバゲーでも被弾によるレンズ割れが防げる。
オープン型のドットサイトってレンズの被弾が怖いんだよね。

3Dデータ
マウントのデザインイメージがまとまったら、3Dデータを作っていく。
今回はMILIDECO(ミリデコ)さんにご協力いただき、3Dデータを作成していただいた。

トラス構造っぽい雰囲気でかつ軽量なアルミ製ハイマウントの形状が立体的に確認できるようになった!!

モックアップ
次に3Dデータを3Dプリンタで出力し樹脂製のモックアップで確認する。

ドットの見え方や使い勝手を確認して、調整した3Dデータを工場へ送り、アルミ製の試作品を製造することに。ところが工場からの返答は「このままの形状では作れません!」というものだった。なんと、あまりにも形状が凝り過ぎて切削できないとのことだ。
で、データを工場側とやり取りしながら調整してやっとのことで製造できることになった。
素材はA6061-T6アルミでハードアノダイズド処理のブラック仕上げとなる。

杯(ハイ)マウント
ということで出来上がったのがこちらの「杯(ハイ)マウント」。マウント前面に専用サイズのレンズシールドが取り付けられるのがポイント。

専用設計
肉抜きされた軽量なアルミ製でSUREHIT MASTERをピッタリ搭載できる専用設計。サバゲーで安心なレンズシールドも同梱。全長は62mm、最大幅は33.5mm(突起含む)。

パッケージ内容
パッケージ内容はマウント本体、専用取り付けネジ2本、六角レンチ2本とレンズシールド。

レンズシールド
レンズシールドはあきゅらぼ製で2mm厚のポリカーボネイトをレーザーカットしたもの。
両面の保護シートを剥がせばクリアになる。断面のレーザー焼けは製造上仕方ないが実用上は問題なし。またサンドペーパーなどで断面を少し磨けば綺麗にすることも可能だ。
あきゅらぼの通販サイトではスペアのレンズシールドを販売しているので、シールドの紛失や傷がついてしまった場合でも安心だ。

ヘリサート加工
ドットサイトの取り付けネジ穴はヘリサート加工され摩耗を防いでいる。表面の質感はさらっとしたマットなアノダイズド仕上げ。

ネジ比較
付属の取り付けネジはSUREHIT MASTER純正ネジより径が小さく互換性がないが、必要十分な締め付けトルクを確保しながら、低頭ネジを使用することでドットサイト上面にネジ頭が飛び出さないようになっている。なお、使用する六角レンチはどちらも同じサイズとなる。

MP5クルツに装着
MP5クルツに装着してみた。このコンパクトさがクルツにベストマッチ!!

フットプリント設計
専用のフットプリント設計なのでフィット感が気持ち良い。

マウントの取り付けネジ
マウントの取り付けネジは太めのM5規格なので十分な締め付けトルクを発揮する。もちろんピカティニー規格に問題なく取り付けられる。QDマウントも検討したがスリムさと重量増、コストの問題でシンプル確実なネジ固定式を採用した。ピカティニーレイル取り付け時には3スロット(凸4つ分)を使用する。

MP5のアイアンサイトでも狙える
マウント中心線には穴が貫通しているのでMP5のローマウントベースに搭載すると、アイアンサイトでも狙うことができる。後ろから見ると絞り込まれたシルエットが美しい。

サイドシルエット
トラス構造をイメージしたサイドシルエットは流麗で、ベースプロファイルが薄いのでSUREHIT MASTER本来のシルエットを際立たせている。

レンズシールドは垂直になるようにし、本体にギリギリまで寄せることで乱反射を抑えている。斜めにレンズガードを付けると、不要な反射を生むばかりか、光が屈折してドット位置がズレて表示されたりするので、この形がベストと判断した。
なお、レンズシールドは差し込むだけでは使用時に脱落しやすいので、接着するなど固定するのが良いだろう。ちなみにこの部分、ネジ止めを考えていたのだが、コストの問題でこの方法になっている。ただ多少の加工技術さえあればシールド穴加工+タッピング、イモネジ止めといった加工も可能ではある。
※瞬間接着剤はレンズが白く曇ることがあるので使用しないでください。

M4カービンにももちろんフィット
M4カービンにももちろんフィット。ショートカービンや、コンペティション用ARなどにも似合うだろう。

コンパクトさが機動力を生む
このコンパクトさが機動力を生む。なお、レンズシールドはポリカーボネイト製で、0.9Jの0.25g弾をフルオートで接射しても割れない耐久度だ。

Lower 1/3 Co-witness
M4カービンのアイアンサイトの照準線がレンズの下1/3に見えるLower 1/3 Co-witnessに設計してある。
個人的にはど真ん中に表示されるアブソリュート Co-witnessよりも狙いやすいので好み。

マウントの高さ
マウントの高さはレイルのトップ面からドットサイトのマウント面までが22.65mm。
レイルトップ面からドットサイトのレンズ中心部が40mmになるLower 1/3 Co-Witnessに設計されている。

実測重量
肉抜きされたマウントの実測重量はレンズシールドと取り付けネジを含めても55gと超軽量。
SUREHIT MASTER本体を搭載してもたったの100g!!! 高性能で定評のあるノーベルアームズのSUREHIT MASTERをこのシステム重量で搭載すればCQBエリアでも抜群の機動力とエイムスピードを発揮する。

VFC MP7A1
VFC MP7A1にもこのとおり確実に固定できる。そしてフィット感抜群!!
この際にもレンズの下1/3に標準アイアンサイトの照準線がくるので、アイアンで狙うこともできるし、わずかに視線をあげてドットでエイムすることもできる。

SUREHIT MASTER専用ハイマウント「杯マウント」
パッケージ裏
店頭に展示しやすい吊るせるブリスターパック。パッケージ裏には"杯"の文字。六角レンチが2本付属する。

東京マルイの電動ガン、MP7A1への搭載
東京マルイの電動ガン、MP7A1への搭載例。トップヘビーにならずに狙いやすい。

SUREHIT MASTER専用「杯マウント」は、希望小売価格2,980円(税別)で2020年12月中旬発売!!


製品2
製品3
製品4
製品5
搭載例1
搭載例2
ノーベルアームズ SUREHIT MASTERドットサイト搭載例

CQB-R搭載合成イメージ
CQB-R搭載合成イメージ

ARP9搭載合成イメージ
ARP9搭載合成イメージ

MICRO 3X TACTICAL MAGNIFIER
MICRO 3X TACTICAL MAGNIFIER
ノーベルアームズのコンパクトサイズのマグニファイヤー「MICRO 3X TACTICAL MAGNIFIER」とタンデムしても高さがピッタリ。超軽量な遠近対応セットアップが完成!!

T2 Solarとの比較
参考までにノーベルアームズ T2 Solarとの比較。どちらも照準線の高さは同じ40mm。
マウント込みの重量はMASTERが100g、T2 Solarが178gとなる。

販売用の写真素材として自由にご利用ください。

2020/12/10

関連リンク

ノーベルアームズ SUREHIT MASTER ドットサイト ノーベルアームズ SUREHIT MASTER ドットサイト