東京マルイ S&W M-59

東京マルイ S&W M-59

写真&解説 小堀ダイスケ

解説

ガスブローバックハンドガンの歴史の中で、忘れてはならないのがこの東京マルイ S&W M-59である。当時はどのメーカーもまだブローバック作動を成し得ておらず、実銃通りスライドの後退によって装填、発射するハンドガンの登場はかなり衝撃的だった。しかし、マルイが開発したメカニズムは、エアガンファンの想像とだいぶかけ離ており、その意味でも衝撃は大きかった。ガスの圧力をスライドの後退ではなく「前進」に使い、スライドはスプリングで後退させるというものだったからだ。

本体へのガス供給は独立した専用のボンベを使い、BB弾はチューブ状のマガジンでスライドの上部に挿入する。スライドはスプリングの力で常に後退位置にあるが、ガスを入れるとスライドが前進し、スプリングが伸びた状態となる。この時点ではまだBB弾がチャンバーに装填されていないため、トリガーを引いても弾は発射されないが、ガスが抜ける事でスプリングが戻り、スライドが勢いよく後退。次の瞬間、スライド内のシリンダーにガスが入り、再びスライドが前進しながらチャンバーにBB弾が装填される。

初弾を手動で装填できないため、1発目を発射するまでに2回トリガーを引かなければならないわけだが、それでも一連の動きはオートマチックのブローバック作動と基本的には変わらない。スライドの前後動を自動化し、連射を可能にしたという功績は、間違いなく大きかったのである。
また、翌年にはブローニング・ハイパワーをモデルアップ、本シリーズの技術はその後、排莢式ガスガンのワルサーMPL、MP5A3へと活かされることとなった。

スライドが常に後退位置
本文にもある通りスライドが常に後退位置にある。リアルなフレーム側に比べ、若干太目のスライドが特徴的だ。

サテンフィニッシュ
スライド上面はサテンフィニッシュ、フレームはヘアライン、グリップはグロスと、細かく仕上げを変えてあるあたりはさすがマルイ。

モナカ構造
フレームは左右分割のモナカ構造。この価格帯であれば当然で、これはあくまでも作動を楽しむためのエアガンなのだ。

スライドの後退ストローク
スライドの後退ストロークが25mmしかないので、アウターバレルの突出量も少ない。

リアサイト
リアサイトは無可動だがエッジが立っており狙いやすい。スライド後部の穴はマガジンの挿入口。

装弾数は15発
装弾数は15発、BB弾を入れたチューブラーマガジンを差し込んでロックする。ハンマーはダミー。

マガジンポート
マガジンポートにはガスボンベを挿入する際の注意書きが。逆さでも横向きでもダメだというのだからなかなかデリケートだ。

専用のガスボンベ
専用のガスボンベは、アダプターを介してガスを注入する事で何度でも再使用が可能。

チューブラーマガジン
チューブラーマガジンとマルイ純正のBB弾。今や高精度BB弾の代名詞でもあるマルイだが、この頃の製品にはまだバリや湯口が残っていた。

パッケージ
当時マルイが販売していた、作るモデルガンキットシリーズと区別するため、パッケージ外箱の右上に「完成品」と表示されているのが興味深い。


作動性を重視するマルイらしく、マニュアルを見るとフレームにグリスアップ用の穴が設けられていた事がわかる。
マニュアルPDF (2.6MB)


DATA


発売年 1986年12月25日 S&W M59
1987年5月12日 ブローニング・ハイパワー
発売時価格 ¥5,900
全長 実測 209mm
重量 実測 465g(ガスボンベなし)
バレル長 -mm
発射方式 ボンベ装填式ガス
使用弾 6mmBB弾
装弾数 15発
平均初速 -m/s

撮影協力:サタデーナイトスペシャル

2018/12/25


■関連リンク

ビンテージ エアガン レビュー TOP ビンテージ エアガン レビュー TOP

トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 - トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 -

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

考察 ブローバック・ガスガン 考察 ブローバック・ガスガン