モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 1950~70年代

編集 STGA事務局長 斎藤 紘(元MGC社長)

1950~70年代 | 1980~90年代 | 2000~2016年

西 暦 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

1957年
(昭和32年)

<巻玉鉄砲>
キングタイガー社は、「モデルガンの祖先」と呼べる国産初の巻玉鉄砲(100連発)キングコルトを発売。ブリキ製で巻き玉火薬を使用。駄菓子屋や縁日の露店で目にする。

1959年
(昭和34年)

<銀玉鉄砲>
セキデン化学工業は、「エアガンの祖先」と呼べる国産初の単発式銀玉鉄砲マジックコルトMC-50を発売。銀玉は球状のアルミ粉塗装。

<テレビで人気の西部劇ドラマ>
テレビで西部劇ドラマのローハイド(クリント・イーストウッド)、拳銃無宿(スティーブ・マックイーン)が放映開始。お茶の間で人気。

1960年
(昭和35年)

<キャップガン>
日本は貿易自由化となる。東京・上野アメ横の中田商店は、アメリカ製マテル、ヒューブレー、ニコルス社製のキャップガン(モナカ銃)を輸入・販売。
マノック産業は、いち早く少年雑誌にキャップガンの通販広告を出す。

<連発式銀玉鉄砲>
セキデン化学工業は、ストライカー式連発銃の銀玉鉄砲MCA-300オートマチック/マジックコルトを発売。

<日本で最初のモデルガンメーカー>
日本MGC協会(以下、MGC、創業者・神保勉)は、アメリカ製マテル社のキャップガンをリアルな造形を施し「モデルガンの原点」と呼べる改良スナブ・ノーズ/マテルリボルバーをMGC会員に販売。

<テレビで人気の西部劇ドラマ>
テレビで西部劇ドラマのララミー牧場(ロバート・フラー)、ライフルマン(チャック・コナーズ)が放映開始。日本はウエスタンブームで沸く。

1961年
(昭和36年)

<MGCはモデルガンと命名>
トイガンデザイナー「小林太三」氏MGCに入社。業界では稀有の存在として知られている。MGCは、国産初の薬莢が飛び出すコルト・スーパーオート(マガジンタイプ)とマテル改良ブラックホークを発売。これらの製品に世界で初めて「モデルガン」と命名。上野アメ横(中田商店、江原商店、丸郷商店、丸保コルト商会、ホビ-商会)、かなめや、明光産業、銀座銃砲店などに流通・販売を開始。

<銃の専門雑誌・拳銃ファン創刊>
小出書房は、実銃と輸入キャップガンを紹介する「拳銃ファン(以下、ガンファン)」を創刊。銃専門雑誌の先駆けとなる。執筆者は根本忠、大藪晴彦、岩堂憲人、小橋良夫氏など錚々たるメンバー。

<コルト・ピースメーカー(モナカ銃)>
上野アメ横の江原商店は、米国製コルト・ピースメーカー(モナカ銃)を発売。明光産業は、渋谷と新宿にキャップガン(玩具銃)の専門店を開店。

<テレビで人気のギャングドラマ>
テレビでミステリードラマの「アンタッチャブル」(主演ロバート・スタック、ブルース・ゴードン)が放映開始。ミステリーブームの牽引役になってお茶の間で人気。

1962年
(昭和37年)

<販売禁止のモデルガン>
MGCは、米国ヒューブレー製のコンダー改良モデル(センター撃針)コルトM1911コマンダーを発売。マガジン、薬莢、発火機能をもつ、改良モデルの野心作として評判を呼んだが販売4ヵ月で販売禁止となる。

<国産初の金属製モデルガン>
MGC(小林氏)は、手動連発構造(タニオ・アクション)を搭載した国産初の金属製モデルガン拳銃型のワルサーVPⅡ(架空モデル)を発売。引金を引くと遊底とが直接連動する「玩具独特の機構」を開発。装填・排莢・発火が楽しめる。

<銃の専門雑誌Gun創刊>
国際出版は、銃の専門雑誌「月刊Gun」を創刊。実銃とトイガンに関する話題を扱い、日本では類を見ない銃の専門雑誌。

<トイガンデザイナー六人部登>
トイガンデザイナー六人部登氏は、上野アメ横の中田商店に入社。前述の小林太三氏と双壁のトイガン設計・開発者。

<テレビで人気の戦争ドラマ>
テレビで戦争ドラマの「コンバット」が放映開始。ミリタリーブームが起きる。

1963年
(昭和38年)

<コンドルデリンジャー事件>
警視庁は、玩具けん銃「コンドルデリンジャー」を製造のコンドル工業を銃刀法違反容疑で摘発。製造販売の中止と早期回収を命じ起訴する。後の65年、東京地裁は、その威力、性能、構造からして殺傷能力を有しないという理由で無罪。

<安全工法のモデルガン>
MGCは、国産初の金属製回転弾倉式S&Wチーフスペシャルを発売。銃身内に鋼材インサートを鋳込み、業界初の改造防止の措置を施した製品。後に業界自主規制の基となる「鋼材インサート鋳込み工法」考案。特許を取得。
「玩具銃(トイガン)と業界の歴史」作成の斎藤 紘 MGCに入社。

<射的銃>
ナカヤ玩具は、国産初のラバーコルク弾を飛ばすナカヤ式射的銃(コルクガン)のナカヤスーパーガン、ナカヤガンNO.1を発売。温泉地の射的場や縁日の露店などで目にする。

1964年
(昭和39年)

<モデルガン>
MGCは、国産初の全鉄製長銃型でU.S.M-3グリースガン(非発火式)を発売。「ゼンマイ動力によるフルオート機構」で薬莢が30発飛び出す。
江原商店(後のCMC)は、モナカ銃ブラックホーク(マテル社のコピー品)を発売。

<映画会社と初のタイアップ・モデルガン>
MGCは、ユナイト映画会社と初のタイアップ商品で金属製拳銃型のワルサーPPK(タニオ・アクション)を発売。007は二度死ぬ(主演ショーン・コネリー)日本ロケに多くのプロップガン提供。映画の影響で空前のヒット商品となる。東京・日比谷映画館で007ゴールドフィンガ上映期間中、売店を設けワルサーPPKを小売販売。

<実銃ブローニングFN380>
MGCは、陸上自衛隊土浦駐屯地内、武器倉庫(後の武器資料館)を見学。次期開発の資料となる実銃「ブローニングFN380」に触手。実銃を分解し各部品の写真撮影も許可されると云う、現代ではとても考えられない古き良き時代だった。

1965年
(昭和40年)

<モデルガン購入者に住民票>
警視庁は、悪用防止策として18歳以上のモデルガン購入者に「住民票」の提出を都内の販売店に要請。しかし、販売店は非協力の為、MGCは協力しない販売店には製品の供給を中止すると通告。俗に言う「アメ横・モデルガン戦争」が起きる。

<日本高級玩具小売商組合>
MGCから製品の供給を止められた上野アメ横商店群は「日本高級玩具小売商組合(以下、NKG)」を組織。金属製モデルガン(無可動文鎮モデルとMGCコピー品)の製造を開始。製造は丸真ダイカスト工業が請け負う。

<MGC直営のモデルガン専門店>
MGCは、上野アメ横に直営のモデルガン専門店「MGCボンドショップ」を開店。

<モデルガン製造会社東京レプリカ>
NKG製品の製造会社丸真ダイカスト工業(後のマルシン工業)は、中田商店と合弁でモデルガン製造会社「東京レプリカ(TRC)」を設立。六人部氏にオリジナルモデルの設計・開発を委託。工場長に根本忠(日本ウエスタンクラブ代表者)、職人に国本圭一(現ウエスタンアームス社長)が在職。中田商店は、無可動文鎮モデル(アストラモデル4、ルガーP08、ワルサーモデル4)を発売。

<モデルガン>
MGCは、拳銃型のブローニングFN380(ブリーチオープン式)を発売。外観のリアルさと実物通りの分解方法でファンを驚かせた。

1966年
(昭和41年)

<モデルガンに王冠マーク>
警視庁は、悪用防止のため、実銃とモデルガンとが判別できるようにモデルガンの銃本体には「王冠マーク」を付すようメーカーに要請。

<モデルガン>
MGCは、コルトGM、P.08、NKG組合のCMCはコルトGM(非発火式)、国際ガンクラブはS&Wチーフスペシャル(MGCコピー品)、コルト・ベストポケット、中田商店はルガーP.08/4in、8in、P.38コマーシャル、丸郷商店はFN380(MGCコピー品)、ワルサーPPK(MGCコピー品)、本流はPPK(MGCコピー品)、南部14年式を発売。

1967年
(昭和42年)

<日本で最初のコルクガン射撃大会>
日本ライフル協会・日本スポーツ少年団本部は、東京・国立競技場岸記念体育館で「ムービング射撃競技大会」を開催。競技銃は、ナカヤガン63、ナカヤスーパーガン(コルク弾・ラバーコルク弾)を使用。

<日本で最初のモデルガンショー>
MGCは、長野県軽井沢レークニュータウーンで「モデルガン・ブッパナセ大会」を開催。タイマーを設置しコルトSAAで早撃ちを競う「クイックドロー大会」を行う。

<モデルガン>
MGCは、拳銃型のコルトSAA(大粒の競技用スタート火薬が使用可能)、2代目ワルサーPPK(タニオ・アクション)、NKG組合のCMCは、ベレッタM1934(リアル機構)、コルトGM1911A1、中田商店はトカレフTT-33(リアル機構)、ブローニングHP、エンフィールドを発売。モデルガンデザイナーの六人部氏は、中田商店から独立しメーカー「六研」を設立。

1968年
(昭和43年)

<東京で最初のモデルガン早撃ち大会>
日本ウエスタンクラブは、東京・日本橋の東急デパート屋上で「平凡パンチ・ピストル・早射ちコンテスト」を開催。コルトSAA. 45口径の空砲ですざましいほどの発火音と煙(マグネシューム使用)を発したガンプレィで見る者を満足させた。

<日本で最初のブローバックモデルガン>
MGCは、国産初の玩具火薬の力で自動連発するブローバック機構(以下、BLK)を開発。全鉄製サブマシンガンのシュマイザーMP40/BLKを発売。セミ&フルが楽しめて模型以上の価値を吹き込んだ画期的なモデル。

<モデルガン>
MGCは、業界初のライフル型のウインチェスターM73、M73オクタゴン(八角形銃身)、拳銃型のコンバットマグナム、NKG組合のCMCは拳銃型のコルトSAA(シリンダー貫通)、国際ガンクラブ(後の国際産業)はモーゼルHSC(タニオ・アクション)、本流(後のハドソン産業)はモーゼルミリタリー(独自のマガジン式)を発売。

1969年
(昭和44年)

<MGCモデルガンショー>
MGCは、東京・後楽園ホールで業界初のトイガンフェスタ「MGCモデルガンショー」を開催。全国から大勢のモデルガンファンが集う。

<モデルガン>
MGCは、ライフル型のランダルカスタム(M73短銃身)、拳銃型の2代目S&Wチーフスペシャル(リバウンド機構)、パイソン、六研はコルトSAA(真鍮製)を発売。

1970年

(昭和45年)

<大阪万国博覧会にMGC出店・営業参加>
MGCは、大阪府吹田市で開催の「大阪万国博覧会」に業界で唯一、出店・営業参加。「モデルガンの魅力とMGCの技術力」を世界に発信。アメリカの輸入業者コレクターズ・アーモリー社(RMI)から依頼による「MGC輸出専用モデルガン」は、海外でもレプリカ・モデルとして高い評価を得る。

<日本ウエスタンクラブ創立20周年>
ウエスタンショー&ウエスタン音楽愛好者の親睦団体「日本ウエスタンクラブ」は、創立20周年を迎えた。会長の根本忠はウエスタンシーンの重鎮で、華麗な若きファスト・ドローの国本圭一(拳銃殺陣師)、平田貞夫も所属。

<モデルガン>
MGCは金属製サブマシンガンのトンプソンM1921(ドラムマガジン可)BLK、全鉄製のステンMK-Ⅱ・BLK、CMCは拳銃型のダイヤモンドバック(貫通シリンダー)、東京レプリカはフレンチM1935-A(リアル機構)、コルトSAA(貫通シリンダー)、アサヒ玩具はコルトSAAを発売。モデルガン人気は凄ざましく爆発的に売れて社会現象とまでなった。

1971年
(昭和46年)

<MGC業界初の輸出貢献企業賞>
MGCは、トイガン業界では初めて外貨獲得に貢献した企業として、通産省から「輸出貢献企業賞」を授与される。月商20万$(5,000万円)\250円レート。

<金属製モデルガン規制>
銃刀法を改正し「金属製モデルガンを規制」する。拳銃型は、銃腔を金属で閉塞し、色を白又は黄色とする。但し、長銃型は規制対象外。銃腔の閉塞でブローバックモデルは、作動性が著しく低下し、深刻な打撃を受ける。

<金属製モデルガン>
MGCは、国産初の玩具火薬の力で自動連発する拳銃型のS&W44オート/BLK、ベレッタM1934/BLK、CMCは全鉄製長銃型のステンマークⅡ/BLKを発売。

<黒色のプラスチック製モデルガン誕生>
MGCは、金属製に替わる業界初のプラスチック製回転弾倉式(ABS樹脂)のS&Wハイウェイパトロールマン41を発売(黒色のモデルガンが蘇る)。プラ製で軽くなり若年層のユーザーも遊べるようになりモデルガン史上、空前のヒット商品となる。

1972年
(昭和47年)

<金属製モデルガン>
国際産業は、長銃型のトンプソンM1928シカゴタイプ、東京レプリカはウージーSMG、シュマイザーMP41、CMCはライフル型のウエスタンカービンM92を発売。

<プラスチック製モデルガン>
MGCは、業界初のプラスチック製で自動式拳銃型のSIG/P210BLKを発売。黒色の自動式BLKモデルガンが蘇る。

<銀玉鉄砲>
高徳、増田屋は、銀玉鉄砲(スプリングガン)のワルサーP.38、コルトGMを発売。人気漫画「ルパン3世」の影響で人気を呼ぶ。

1973年
(昭和48年)

<モデルガン改造事例が多発>
金属製のコルトSAA、ダイヤモンドバック、スペインラーマなど多数、改造される。

<金属製モデルガン>
MGCは、長銃型のM16A1&E1/BLK(人気TVドラマ「SWAT」の影響でヒット)、全鉄製のスターリングマークⅤ/BLK、CMCは拳銃型のFN380/BLK(銃身固定の実銃式)、スペインラーマ、東京レプリカに替わりマルシン工業はワルサーP.38コマーシャル、ルガーP.08、コルトSAAを発売。

<プラスチック製モデルガン>
MGCは、リボルバー第2号のS&W44マグナム4inを発売。ハイパト41に続きロングヒット。他社メーカーも挙ってPL製モデルガンの製品開発を急ぐ。
プラスチック製モデルガンの開発とBLK機構の魅力により、新しいファンの獲得でトイガン業界は、規制以前の盛況を取り戻す。

<エアガン>
米沢玩具は、エアコッキング銃でカート式(7mm鼓弾)のスタームルガー、コルト・ウッズマンスペシャル、ブローニング・ハイパワー、増田屋はカート式(7mm鼓弾)のBSバッファロー(サバイバルゲーム創世記の人気商品)を発売。

1974年
(昭和49年)

<モデルガン愛好家協会>
モデルガン愛好家たちは、規制反対を掲げ「モデルガン愛好家協会(会長、妹尾河童/舞台美術家)」を設立。著名な文化人及び学識経験者並びに有名芸能人など60人を中心にモデルガン規制反対の小冊子「モデルガンはなぜ危険なのか」を自主出版。

<モデルガン製造業者の自主規制団体>
行政(通産省・警察庁)の指導によりモデルガン製造業者11社は、「日本モデルガン製造協同組合(後に通産省が認可)」を設立。MGCは全組合員に金属製モデルガン改造防止の「鋼材インサート鋳込み工法を無償で開示」した。

<金属製モデルガン>
国際産業は、拳銃型のダイヤモンドバック、コルトSAA、CMCはワルサーPPK(シングルアクション)、マルシン工業はコルトSAAジュニアモデル、ウエスタンアームス(後のWA)はコルトSAA(真鍮製)を発売。

<プラスチック製モデルガン>
MGCは、拳銃型のGM-2/BLKを発売。業界初のセンター発火(樹脂製のセンターピン内蔵)のデトネーター(撃針)方式でプラスチック製使い捨てCARTを使用。

<エアガン>
高徳は、エアボルトアクションのSS-7000(7mm鼓弾使用)カート式を発売。

1975年
(昭和50年)

<モデルガン自主安全基準>
警察庁(大野技官)は、モデルガン組合と金属製モデルガンの自主安全基準の制定するにあたり、銃のタイプ別に改造防止の安全策について協議を開始。

<モデルガンメーカーを視察>
通産省文化用品課(奥沢課長補佐)は、モデルガンメーカーMGCを「視察」。モデルガンのダイカスト鋳造工場(鋼材インサート鋳込み工法)と鋼材インサートの硬度測定現場を視察。

<金属製モデルガン>
MGCは、業界初の猟銃型でウインチェスターM97ショットガン(ポリスタイプを忠実にモデルアップ)、レミントンM31Rショットガンを発売。薬室を持たない(チャンバーレス)シェルカート使用した「玩具独特の機構」が組み込まれている。国際産業は拳銃型のルガーマーク・ワン(リアル機構)、マルゴーはコルトSAAジュニアタイプ、六研はFN380(真鍮製)を発売。

<プラスチック製モデルガン>
MGCは、業界初のモデルアップした拳銃型のコルトMK-Ⅲシリーズのローマン2in、トルーパー4in、六研(設計・六人部)はコルトSAAを製造しCMCから発売。

<エアガン>
高徳は、実銃にないオリジナル銃でエアボルトアクション(7mm鼓弾使用)カート式のSS-5000を発売。

1976年
(昭和51年)

<モデルガン規制強化の動き>
警察庁は、国会・衆院地方行政委員会で「金属製モデルガンを規制強化する」と答弁。国はモデルガン組合の自主規制を認めておきながら、モデルガン組合の意向を無視して一方的に規制する方針。

<モデルガン規制反対のデモ行進>
MGCは、同業者及びモデルガン愛好家など300人は東京・日比谷公園で規制反対の抗議集会を開き、警察庁前まで「モデルガン規制反対のデモ行進」を行う。

<金属製モデルガン>
マルシン工業は、拳銃型のワルサーP.38(コマーシャルタイプ、軍用タイプ)、コルトGM、MGCは六人部氏設計のワルサーP.38/MJQ-BLK(リアル機構)、ハドソン産業はブラックホーク357&スーパーブラックホーク44、WAはスーパーブラックホーク(真鍮製)、国際産業はトンプソンM1928A/BLKを発売。

<プラスチック製モデルガン>
MGCは、業界初のモデルアップした大型拳銃レシバータイプの44オートマグCP-BLK、ルガーP.08/BLK(トグルアクションで内蔵ハンマー式)、ニューコルトGM3/BLK(バレルはリンク式)、WAはコルトSAAを発売。

<エアガン>
高徳(以下、タカトクという)は、実銃にないオリジナル銃でエアボルトアクション(7mm鼓弾使用)カート式のSS-9000を発売。てるてる坊主型の鼓弾を薬莢にセットしたものを5発装填する。

1977年
(昭和52年)

<おもちゃ狩り裁判訴訟>
MGCは、国(警察庁)を相手に1億円の損害賠償請求の訴訟(以下、おもちゃ狩り裁判)を起こし、東京地裁に訴状を提出。MGC弁護団(主任弁護士・竹内康二)は東京・市ヶ谷の弁護士会館で記者会見を行う。

<金属製モデルガン規制強化>
再度、銃刀法を改正して「金属製モデルガンを規制強化」する。長銃タイプ(小銃、機関銃、猟銃)を含む、金属製モデル全般の構造について厳しい規制が追加された。その結果、自動式拳銃の銃身分離タイプと全鉄製の長銃タイプなどは「販売目的での所持が禁止」される。愛好家に一番人気のあった自動式タイプのコルト・ガバメント、SW44オート、ベレッタM1934、FN380などは市場から姿を消した。

<金属製モデルガン>
国際産業は、大型拳銃レシバータイプの44オートマグBLKを発売。

<プラスチック製モデルガン>
MGCは、拳銃型のコルト32オートBLK、ニューパイソン2.5in、4in、6in発売。

<エアガン>
タカトクは、実銃の名を冠した業界初の押し込み・エアコッキング式(7mm鼓弾使用)のSSオートマグナムカスタム(黒色&シルバー)、増田屋はエアコッキング式デタッチャブルSS-200(7mm鼓弾使用)、サンダーボルト(7mm鼓弾使用)を発売。

1978年
(昭和53年)

<MGC小林太三・考案栄誉賞を授与>
通産省は、MGC小林太三(設計開発部長)氏が開発した「モデルガンの改造防止安全工法」に対して、業界初の玩具産業功労者として「考案栄誉賞」を授与する。モデルガン業界の発展に寄与すると共に社会的な認知を高める。

<ウインチェスターM92事件>
全鉄製長銃型のウインチェスターM92は、実弾が発射可能との疑いで製造元の田組精密、販売先(WA国本社長、国際産業荒井社長)が摘発されたが後に起訴猶予となる。MGC直営店で販売したとして神保会長も嫌疑で一時拘束も後に釈放。

<プラスチック製モデルガン>
MGCは、業界初の長銃型でM1カービンBLK、国際産業は拳銃型のコルトSAA、鈴木SSはS&Wチーフスペシャル、マルゴーはコルト(パイソン、SAAジュニアタイプ)、マルシン工業はスーパーブラックホーク、CMCはコルトSAAを発売。

<エアガン>
増田屋は、ボルトアクションライフルのマスダヤ・リコイラー(7mm鼓弾使用)を発売。チャンバーに直接、弾込めする方式。

1979年
(昭和54年)

<モデルガン専用火薬>
MGC(小林太三氏)は、平玉火薬に替わるモデルガン専用火薬の「M.G.キャップ」を考案。5mmBLK、7mmBLK、7mmリボルバー用の3種類を製造・販売する。一粒のキャップ火薬で快調なBLKが楽しめる。メンテナンスも楽になり、キャップ火薬用デトネーターを採用したプラスチック製モデルガンが全盛期を迎えていく。

<MGC横浜モデルガン・フェスティバル>
MGCは、横浜・山下公園埠頭の氷川丸でクイックドロー大会(タイマーを設置してコルトSAAで早射ちを競う)を開催。併せて「国本圭一のウエスタンショー」を行い華麗なガンプレィを披露。会場では「モデルガンフェスタ」も行う。

<テレビで西部警察ドラマ放映>
テレビで石原プロ制作「西部警察(石原裕次郎)」が放映開始。高視聴率を記録。

<金属製モデルガン>
鈴木SSは、拳銃型のコルト・ポリススペシャル、丸郷商店はコルト・コブラ、CMCは長銃型のモーゼルKar98k(六研の部品使用、歴史的名品)、ステンマークⅡBLK、マルシン工業はコルトM16A1、シュマイザーMP40、拳銃型のコルト・ウッズマン、国際産業はトルーパーMK3、パイソン357、ハドソン産業はローマンMK3を発売。

<プラスチック製モデルガン>
WAは、拳銃型のベレッタ1934BLK(MGキャップ使用)、国際産業はコルト(GM、コルトSAA)、MGCはコルト・ウッズマンBLK、GM4BLK、S&W/M59を発売。

1950~70年代 | 1980~90年代 | 2000~2016年

※本データはSTGA(全日本トイガン安全協会)掲載の情報を許可を頂いて転載しています。本データの無断転載を禁じます。

2016/10/02

■関連リンク