ハドソン ジェリコ941

ハドソン ジェリコ941

写真&解説 小堀ダイスケ

解説

ハドソン産業は、1960年代前半からモデルガンの製造をはじめた老舗トイガンメーカーだ。残念ながら2009年にトイガン部門から撤退してしまったが、そのラインナップは一貫して独自性の高い物ばかりだった。ジェリコ941という、国内ではあまり知られていなかったハンドガンをモデルアップしたのも、ハドソンならではだといえる。ジェリコのトイガンとしては、これが現在に至るまで唯一の製品だ。

ブローバックエンジンにはマルゼンのアドバンスシュートシステムを採用、そこに独自のBVS(バタフライバルブシステム)という切り替えバルブを搭載していた。純然たるモデルガンメーカーだったハドソンとしては、一から設計するよりも他社とライセンス契約をした方が良いと判断したのだろう。しかし、エアガン製造のノウハウがまだ完全ではなかったためか、実際の製品にはあまり調子の良くない個体も少なからず含まれていたようだ。後に改良され、実射性能はかなり上がったが、それでもエアガンファンが求めるレベルには最後まで達する事はなかった。

モデルガンメーカーらしいリアルな外観は今なお色あせておらず、全体的な仕上げの良さなどはハドソン製トイガンの真骨頂とも言えるものだっただけに、市場から消えてしまった事がおおいに悔やまれる1丁だ。

ベビーイーグル
イスラエルIMI製のハンドガンとしてはデザートイーグルが有名だが、後にジェリコの改良版がベビーイーグルと呼ばれるようになった。

刻印
刻印。

フルレングスダストカバー
フレーム前方のフルレングスダストカバーが印象的だが、ルーツをたどればチェコの名銃CZ75にたどり着く。

刻印
刻印。

セフティ
セフティがスライド側面にあり、コック&ロックは出来ないが、自動拳銃としての安全性はその方がはるかに高い。

アウターバレル
アウターバレルはロッキングこそないものの、ショートリコイル風に後退する。ダミーのライフリングも角のないポリゴナルを模しているという懲りよう。

パーティングライン
パーティングラインは機械加工によってキレイに消され、面出しがされている。

グリップ背面
グリップ背面の造形も機械加工によるもので、美しいクロームメッキと相まってまるで金属のようだ。

グリップ
シボ加工とマークまで細やかに再現されたグリップ。デザートイーグルの物とデザインがよく似ている。

チャンバー
チャンバーには.41アクションエキスプレスの口径表示。9mmパラとリム径が同じため、実銃ではバレルやマガジンなどを交換するだけで両方のカートリッジが使用できる。

マガジン
端正で仕上げの良いマガジンだが、残念な事にガス漏れが続出、エアガンファンの評判はあまり良くなかった。

パッケージ
シンプルなパッケージ。ハドソンオリジナルの機構であるBVSの文字が誇らしげだ。

マニュアル
親切丁寧で分かりやすいマニュアル。モデルガン時代のハドソンは分解図の紙1枚だけというのが当たり前だった事を思うと、これは格段の進歩だったといえる。
manual.pdf (3MB)


DATA


発売年 2003年
発売時価格 ¥18,500(ブラックモデル)
¥19,500(フレームシルバーモデル)
¥21,500(シルバーモデル)
全長 実測 208mm
重量 実測 765g
バレル長 -mm
発射方式 ガスブローバック
使用弾 6mmBB弾
装弾数 24発
平均初速 -m/s

撮影協力:サタデーナイトスペシャル

2019/01/09


■関連リンク

ビンテージ エアガン レビュー TOP ビンテージ エアガン レビュー TOP

トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 - トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 -

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

考察 ブローバック・ガスガン 考察 ブローバック・ガスガン