グンゼ産業 グリズリーウィンマグ ステンレスフィニッシュモデル

グンゼ産業 グリズリーウィンマグ ステンレスフィニッシュモデル

写真&解説 小堀ダイスケ

解説

グリズリーウィンマグのトイガンは、現在に至るまでグンゼ産業のエアコッキングガンが唯一の製品である。グンゼのエアガンは模型メーカーらしくリアルな外観が特徴で、その集大成ともいえるのがグリズリーウィンマグだ。特にこのステンレスフィニッシュモデルは7,000円というエアコッキングガンとしては高価格だったが、各ディティールの作り込みはかなり凝ったものだった。トリガー、ハンマー、セフティ、スライドストップなどは金属製で、スライドやフレームなどの主要ABSパーツもヒケの少ないしっかりとした成形で作られていた。

その反面、残念なことに実射性能がいまひとつだったのも大きな特徴だった。パワーを稼ぐためかピストンスプリングがかなり強めで、0.25g程度のBB弾ではまったく弾道が安定しない。当時は0.43gなどという重量級のBB弾もあったので、そういう物を想定して設計されていたのかもしれない。

後期にはLRBという特殊なホップアップ機構が搭載されたが、これがまた命中精度を落とす原因ともなった。リアルな外観と相反して、「当たらないエアガン」というレッテルを貼られてしまったのは本当に残念だ。

1911がベース
1911がベースになっているが、実銃は.45ウィンチェスターマグナムという強力なカートリッジを使うため、全体的にふたまわり以上大型化している。

スライドを軽量化
ブ厚くなってしまったスライドを軽量化するため各部が削り落とされており、それがデザイン的にも洗練される要因となった。

ミレットサイト
上下左右の調整が可能なミレットサイト。クリックこそないが、エアコッキングガンとしてはかなり贅沢な仕様だったといえる。アンビのマニュアルセフティ、ハンマーハーフコック、グリップセフティ機能も備える。

ロングバレル
スライドから少し突き出たロングバレル。マグナムのパワーを十分引き出すには火薬の燃焼時間をかせぐ必要があるのだ。先に発売されたブラックモデルは通常のバレルサイズだった。

チャンバー
チャンバーには45 WIN MAGの刻印。各部のエッジがピシっと立った仕上げは、とてもエアコッキングガンには見えないレベルの高さだ。全弾撃ち尽くすとスライドがホールドし、マガジンチェンジ後、スライドストップを解除して射撃できる。

パックマイヤーラバーグリップ
1911用を前後に延長したようなデザインのパックマイヤーラバーグリップ。チェッカリングやメーカー刻印など、実物と見まがうほどの仕上がり。

ボトムプレート
マガジンには別パーツのボトムプレートが挿入されている。マガジンウェルの面取りやスキ間なくセットされたメインSPハウジングの造形にも注目。

グリズリーベアの刻印
スライド側面にほどこされたグリズリーベアの刻印。モデル名の通りグリズリーに対抗出来るオートマチックハンドガンというのが売りなのだ。

マガジン
細い割り箸マガジンが当たり前だった当時、フルサイズ(若干短いが)のマガジンはインパクトがあった。ダミーカートの金色が見えるという演出もニクい。

パッケージ
高級感のあるパッケージ。かなりの意欲作ではあったが、実射性能の低さゆえ営業的には成功ぜず、不遇の名銃だった。

マニュアル
マニュアルにはハンマーのハーフコックやグリップセフティなどの解説があり、他のエアコッキングガンとは一線を画した高級仕様だったことがわかる。
manual.pdf (2.14MB)

DATA


発売年 1991年
発売時価格 ¥3,500 (ブラック)
¥7,000 (ステンレスフィニッシュ)
全長 実測 267mm
重量 実測 332g
バレル長 -mm
発射方式 プルコッキングエアー
使用弾 6mmBB弾
装弾数 21発
平均初速 59.8m/s

撮影協力:サタデーナイトスペシャル

2019/03/02


■関連リンク

ビンテージ エアガン レビュー TOP ビンテージ エアガン レビュー TOP

トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 - トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 -

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

考察 ブローバック・ガスガン 考察 ブローバック・ガスガン