キアヌ・リーブス JOHN WICK 登場銃器解説

キアヌ・リーブス JOHN WICK 登場銃器解説

2015年10月16日(金)に全国ロードショーとなる映画『ジョン・ウィック』。
この秋、最も熱いガンマニア必見の超おすすめ映画だ。この『ジョン・ウィック』の見どころのひとつは、キアヌ演じる伝説の元暗殺者、ジョン・ウィックの壮絶なガンアクション。
そしてジョン・ウィックと敵対するロシアン マフィア達が使用する最新銃器にも注目が集まるところだ。
今回は映画『ジョン・ウィック』の登場銃器にフィーチャーして解説してゆこう。

壮絶な復讐劇
平穏な生活を送っていた伝説の元殺し屋、ジョン。しかし、不運にもあることがきっかけとなり、彼は愛するすべてのものを失ってしまう。そしてジョンの壮絶な復讐劇が始まるのだ。

ロシアン マフィアのボス
伝説の殺し屋、ジョン・ウィックが復活!! その原因は自分のバカ息子だと知ったロシアン マフィアのボスは騒然。ボス「おまえ、あいつが誰か知っているのか!?」 息子「誰でもないだろ?」 ボス「ゴルラァぁぁぁ!!」みたいな展開。なんたって今の自分たちの繁栄はジョンの暗殺手腕によって成り立っているんだからそりゃ焦ります。

殺し屋時代の武器の数々
ジョンの自宅床から掘り起こされた、殺し屋時代の武器の数々。そして裏社会で流通する金貨。
ジョンの怒りは最高潮へ!!

H&K P30L
ジョンがメインで使用するハンドガンはH&K P30L。また、セカンダリとして同じ9mm口径のサブコンパクト、グロック G26も携帯している。これらのハンドガンは二丁づつ所持している。

P30L
P30Lは9mm×19弾を使用するポリマーフレームオートで、バレルレングスは4.45インチ。装弾数は15発。反動を抑制するための"コンペンセイター"が先端に装着される。これにより9mm弾の鋭いキックも最小限に抑えることができ、素早い連射を可能としている。

実銃のHK P30
こちらが実銃のHK P30。コンペンセイター部分を除いたとしても、ジョンの使用するP30Lにくらべて僅かにスライド長が短い。こちらのバレルレングスは3.85インチとなっている。

HK45とも似たシルエット
ドイツのH&K社が開発したこの自動拳銃は.45口径のHK45とも似たシルエットとなっている。

CQBスタイル
ジョンの拳銃の構え方は独特で、肘を大きく曲げ、銃を体に引き寄せたようなCQBスタイル。室内やバーなど、狭かったり人が多い場所でもクイックに銃をハンドリングする。必ずしも映画の演出に特化したスタイルというワケでもなく、現実の接近戦闘にも使えるんじゃないか? と思わず観る者を引き込んでしまうガンアクションだ。

確実に止めを差す射撃術
移動しながらボディショット、そしてヘッドに1発。確実に止めを差す射撃術も暗殺者ならでは。

5.56mm×45弾のアサルトライフル
比較的広いエリアでの戦闘時には5.56mm×45弾のアサルトライフルを使用する。

Coharie ArmsのCA-415
このライフルはCoharie ArmsのCA-415。HK416のアメリカ版クローンといったところ。これに光学照準器はEotech SU-231/PEQ (Model 553)ホロサイトを装着。MAGPULのP-Mag、Tango Downのバーティカルフォアグリップを装備。

スーツケースに収納
これらの武器を出張中のビジネスマンがごとく、スーツケースに収納して持ち運んでいる。

マーカスジョンの復讐に恐れをなしたロシアン マフィアが雇う暗殺者の一人、マーカス(ウィレム・デフォー)。
しかし、マーカスはジョンの旧友でもある。葛藤の末、果たしてマーカスはどのように立ち回るのか?

FN ブローニング ハイパワー
マーカスの愛銃はFN ブローニング ハイパワー。ちょっと古めで通好みのベルギー製9mm拳銃。

ブローニング ハイパワー Mk.III
写真は実銃のブローニング ハイパワー Mk.III。

ルガー M77 ホークアイ
そしてビルの上からジョンを狙う銃はルガー M77 ホークアイ。.204 Ruger弾から.308 Win弾まで各種口径があるボルトアクションライフルだが、マーカスの性格からしてきっと小口径弾なんだろう、とか想像してしまう。

ミズ・パーキンス
マフィアたちが雇ったもう一人の殺し屋がエイドリアンヌ・パリッキ演じるミズ・パーキンス。男顔負け、凄腕の女殺し屋だ。

ワルサーP99
ミズ・パーキンスが使用する拳銃がワルサーP99。口径は9mm×19。暗殺者らしくサプレッサーを装備する。

コルト パイソン .357マグナム
ミズ・パーキンスが相手から奪って使用するリボルバーはコルト パイソン .357マグナム。

実銃のパイソン
こちらが実銃のパイソン。劇中と同じ4インチモデル。

敵から奪った銃
ジョンが敵から奪った銃を使用するシーンもある。

デザートテックのSRS A1
このスコープ付のボルトアクションライフルはデザートテック SRS A1。

実銃のSRS A1
こちらは実銃のSRS A1。口径は.308 winで、いわゆるシャシシステムのコンバージョンキット。

KEL-TEC社のKSGもう一丁、ジョンが敵から奪って使用するのがKEL-TEC社のKSG。
ダブルチューブマガジンの12ゲージ ショットガン。
装弾数は左右のチューブマガジンに6発ずつ、+チャンバー1発で13発。ポリマーレシーバーで軽く、ブルパップスタイルで前後バランスも良好。
搭載するドットサイトはEotech XPS2 ホロサイト。

実銃のKSG
こちらが実銃のKSG。写真のモデルはODカラー。劇中ではアンダーマウントにバーティカルグリップを装着し素早いポンプアクションをおこなっている。

グロック19にサプレッサーとウエポンライト
ジョン宅に侵入して襲うマフィアの手下。グロック19にサプレッサーとウエポンライトを装着する。

Savage Armsの10 BA
マフィアのアジトの監視員が構えているのは、Savage Armsの10 BA ボルトアクションライフル。口径は.308Win、装弾数10発。

Salient Arms International
マフィアの用心棒、キリルが使用するのがSalient Arms Internationalのグロック。いわゆるSAIカスタムのグロックで、ポリマーフレームの形状加工、ゴールドのマッチバレル、肉抜きされたカスタムスライドなどを装備する。

FAB Defenseのピストルカービン・コンバージョンキット
マフィアの手下が使用するFAB DefenseのKPOS PDWピストルカービン・コンバージョンキットを組み込んだグロック17。ストックは折りたたんで拳銃のように撃っている。ジョンに追われてどんだけ焦っていたのか、サイトシステムも搭載してないし、これじゃあやられちゃうだろうなぁ。

70年式シボレー・シェベル
本作には車も渋いものが登場する。70年式シボレー・シェベル、冒頭の写真の69年式フォード・マスタングや11年式ダッジ・チャージャーなど、アメ車好きにはたまらないモデル。

とにかくガンアクションの派手さと、登場火器のバリエーションなどエアガンでもモデルアップされていない、最新銃器のオンパレード!! これはぜひとも劇場に足を運んでほしい作品だ。



『ジョン・ウィック』
10月16日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国公開
配給: ポニーキャニオン
Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (c) David Lee

出演:キアヌ・リーブス『スピード』『マトリックス』シリーズ
ウィレム・デフォー『プラトーン』、イアン・マクシェーン『パイレーツ・オブ・カリビアン』
監督:チャド・スタエルスキ(「マトリックス」スタントコーディネーター/スタント)
製作:デヴィッド・リーチ(「ウルヴァリン:SAMURAI」アクションコーディネーター)
スタントコーディネーター/第二班監督:ダリン・プレスコット(『ボーン』シリーズスタントコーディネーター )
公式HP johnwick.jp

2015/10/09


■関連レビュー

東京マルイ 電動ブローバック HK P30 東京マルイ 電動ブローバック HK P30

東京マルイ ガスガン グロック 26 東京マルイ ガスガン グロック 26

東京マルイ ガスガン グロック17 カスタム 東京マルイ ガスガン グロック17 カスタム

東京マルイ ガスガン コルト パイソン .357マグナム 東京マルイ ガスガン コルト パイソン .357マグナム

東京マルイ 電動ガン HK416D 東京マルイ 電動ガン HK416D

東京マルイ 電動ガン HK416D DEVGRUカスタム 東京マルイ 電動ガン HK416D DEVGRUカスタム