国際カモフェスティバル 2016 台北

国際カモフェスティバル 2016 台北

[パート1] [パート2]

2016年10月29日(土)に台北市の台北市華中キャンプ場(華中河濱公園)にて開催された、国際カモフェスティバル2016へ行ってきたのでレビュー。
本イベントは今年で二回目の開催となり、台湾のTWAAAに加盟するトイガンメーカーを中心に香港のメーカーなども参加し、世界のトイガン製造を一手に担う台湾製のトイガン情勢を一気にみられる貴重なイベントでもある。
なお、本レポートは台湾国内でのイベント取材であり、一部のトイガン製品は素材や構造、パワーなど、日本の銃刀法に合致しないものも含まれるのでご了承いただきたい。

James Liao社長
主催は中華民國玩具槍協會(TWAAA)。ステージではTWAAA会長のG&G James Liao社長の挨拶。また立法委員や、台湾軍などの政府関係者も来賓として招かれていた。後の横断幕を見てもわかるが国防との連携を意識したイベントとなっている。

メーカー製トイガンの展示
また、女性モデルによる各メーカー製トイガンの展示なども。Judyちゃん大人っぽくなりましたね。

ウピウピ隊のみさみさ、ボスゲリラ
日本からはアームズマガジンで活躍中のウピウピ隊のみさみさ、ボスゲリラが参戦。

女性だらけのステージ
女性だらけのステージに、ボスはちょっと恥ずかしそうだったw。

台湾陸軍による演武
ステージでは台湾陸軍による演武や、トイガンファンによるコスプレ大会なども。

G&G Armament

会場には60社ほどのブースが軒を連ねていた。その中から主にトイガンメーカーのブースを紹介していこう。まずはG&Gから。
シリーズ電動ガン
人気のRK74シリーズ電動ガン、SRSのレッドエディション、プレデターなどに混ざって、最新作のPDW15シリーズが展示。AR15系のボディに軽量なアルミ製ハンドガード、そして極太のサプレッサーというスタイルが目を引く。

ウピウピグッズなどの販売
G&Gブース横にはアームズマガジンのブースも出展。ウピウピグッズなどの販売や記念撮影などが行われた。 そして今回はタニオコバの小林社長と、イベントのメインビジュアルイラストを描いた上田信先生も訪台。

ハンビー
さらにそのブース横にはハンビーが展示。

ナイトビジョンを使用した暗闇でのシューティングレン
さらにG&Gではナイトビジョンを使用した暗闇でのシューティングレンジを併設。

NV
暗室と化したテント内でNVを装着し、ターゲットを撃つというエキサイティングな催し。これ、日本でも流行りそう。

LCT airsoft


LCT airsoft
リアルな外観の電動ガンで人気のLCT。PP-19-01、LCK47、AS VAL、STK-74などを展示。

RPD
RPD。全長1043mm、重量7kgの大物。

M60VN
M60VN。

LTS Keymod 13.5
LTS Keymod 13.5。

LCK47
LCK47。2017年の限定商品。

ICS

CPX、IK47
CPX、IK47シリーズなど。

CPX UK1 CAPTAIN
CPX UK1 CAPTAIN、CXP-APE、リボルバーランチャのMGL、ICS-200 M3、M1ガーランドなども。

BLE-ALPHA
オリジナルデザインのGBB、BLE-ALPHAも展示された。さらに近日新しいGBBハンドガンがリリースされるという。

BOLT Airsoft

BOLT
リコイル機能付きの電動ガンをラインアップするBOLTでは最新のMP5A5が展示。BOLTではMP5系ではこれまでにクルツやSDなどをリリースしていた。

スチールプレス製
スチールプレス製のボディにハンドガード内にバッテリーを装着、リコイル機能の射撃感はガツッと非常に硬質な反動が味わえた。また、コッキングノブを引いてロックすることでリコイルレスモードで撃つことができる。

B4A1
またB4A1や、SR-47シリーズも展示。

MODIFY

MODIFY
電動ガンのXTCシリーズ、ボルトアクションコッキングガンのMOD24などを発売するMODIFY。

XTC CQB
最新のXTCシリーズ、XTC CQB。

Keymodハンドガード、MOSFET搭載
全長678mm、重量2.3kgのコンパクトメタルボディにKeymodハンドガード、MOSFET搭載。グレーのスペシャルカラーも展示されていた。

VFC (VegaForceCompany)

VFC
VFCでは社長自ら新作のHK VP9をアピール。

HK VP9
ドイツHK社の最新ポリマーフレームオートHK VP9を早くもガスブロ化。

グリーンガス仕様
メタル製スライド、グリーンガス仕様。日本向けに樹脂スライドバージョンも作りませんか、と社長に伺ったが、その予定は無いそう。


電動ガンではAVALON、VR16シリーズが展示。

AVALON CALIBUR CARBINE
このAVALON CALIBUR CARBINEはMOSFET+電子トリガーが内蔵される新規格のECSギアボックスが採用されている。またレシーバーにはVFCではなく、AVALON WEAPONS WORKS MFGの刻印となっている。

小林太三社長とVega社長
タニオコバの小林太三社長とVega社長。もしかしたら今後なにかコラボ商品が生まれるかもしれない。

VIPER TECH

VIPER TECH
イノカツの下請けとして立ち上がったVIPER TECHだが、最近自社ブランドのトイガンも製造販売するようになった。

VI-46
新シリーズのGBB、VI-46。パワーソースはCO2、グリーンガス両方あるみたい。

M16A1
M16A1。

M16A2やM723
M16A2やM723なども展示されていた。

CyberGun

フランスに本社があり、香港にアジアの拠点を置くCyberGun。
DUELLER PRISMATIC
DUELLER PRISMATIC AIRSOFT。映画『バイオハザード ザ・ファイナル』で主人公アリスが使用することでも話題となっているイタリア、アーセナルファイアアームズの銃がGBB化。

パワーソースはCO2
1911が二つくっついたような形状で、二本の銃身から弾が同時に発射される。パワーソースはCO2。片側だけのマガジンでも十分な作動を見せた。

SIG SAUER 1911 SPARTAN
SIG SAUER 1911 SPARTANのGBBも。ギリシャ語でMOLON LABE「欲しくば取りに来い!」を意味する刻印。

AMOEBA

STRIKER AS01
ARES傘下のブランドだったAMOEBAが台湾移って最初に作ったエアソフトという、エアコッキング式ボルトアクションのSTRIKER AS01。

STRIKER AS01

AMOEBA

KING ARMS

KING ARMS
KING ARMSは電動ガンのBLACK RAIN ORDNANCEを展示。

ハンドガードのロゴ
RGバージョンも展示。ハンドガードのロゴがカッコいい。

R93 Tactical2
ガスボルトアクションのR93 Tactical2はポスターは飾ってあったが、実物の展示は無し。

KWC

ハンドガンのラインアップ
主にハンドガンのラインアップを展示していたKWC。

KMB23-AHN
KCB23-AHN。アンダーレールを装備し、ベレッタM9A1の外観にも見えるがトリガーガードはSBのような丸型。

セミオートとフルオートを切り替え
左グリップパネル部にスイッチがあり、セミオートとフルオートを切り替えて撃てる。

KMB48
KCB48。S&W MP9をかたどっている。パワーソースはCO2。スポーツ射撃用途に4.5mmの金属弾を撃ち出す空気銃仕様KMB48も製造されている。

KWC
KWCはラインアップも多く、グロック、パイソン、マカロフ、ルガー、モーゼル、Cz、SIG、1911、デザートイーグル、シグマ、MAC11といったモデルもリリースしている。

ミニUZIはWAのベース
おっと、このミニUZI(KCB07)はWAのベースになったモデル。可変ホップもWAと同様にアウターバレル根元のダイヤルとなっていた。

HFC

モーゼルやSIG
モーゼルやSIGなどのGBBを展示していた。

HGA-203ZXとHGA-203
MAC11のガスブロ、HGA-203ZXとHGA-203。小気味よく作動していた。グリーンガス仕様。

ミニランチャー
目を引いたのはこちらのミニランチャー。

ランチャー
先日ハイパー道楽でもZOXNAのミニランチャーを紹介したが、それと同じ機構のランチャー。
8ヶ所の穴に各5発のBB弾を装填し、側面からガスをチャージ、後方のトリガーを引っ張って発射。

ACETECH

AC6000クロノグラフ
新型の弾速測定器、AC6000クロノグラフを展示。デザインが上質でカッコいい。メモリー機能や設定メニューも充実していた。

トレーサーRT1000
トレーサーRT1000。見た感じマルイのにそっくりだが、既存のトレーサーの3倍の輝度を持つフルオートトレーサーなのだそう。単四電池四本で駆動する。

ACEMOS
デュアルMOSFET基盤のACEMOS。

RA-TECH

RA-TECH
カスタムパーツメーカーのRA-TECH。フルコンプのガスブロ、N4-300 BLK。NOVESKE刻印のレシーバー、キーもっとバンドガード、MOEグリップ、ミニマルストックなどが奢られたカスタム仕様となっていた。内部ももちろんRA-TECHのカスタムが施される。

レシーバー
7075-T6のアルミ材が使用されたレシーバーセット。

MODEL 1911-A1 TACTICAL "TRP"
SFAのMODEL 1911-A1 TACTICAL "TRP"。スチール削り出しのメインパーツを使用したガスブロ。

パート2へ続く!!
パート2へ続く!!

[パート1] [パート2]
台湾カモフェス2016 パート2へ


2016/11/06

■関連レビュー

2015ワールドカップ シューティング・コンペティション台湾 2015ワールドカップ シューティング・コンペティション台湾

台北 HOOHA SHOW 2014に行ってきた!! 台北 HOOHA SHOW 2014に行ってきた!!

トイガン業界の歴史 トイガン業界の歴史