ルゼン ニュー S&W 44マグナム

マルゼン ニュー S&W 44マグナム

写真&解説 小堀ダイスケ

解説

本銃が発売された1980年代なかばといえば、時あたかもサバゲーブームの真っただ中、土日ともなれば全国の河川敷や雑木林に多くのサバイバルゲーマーたちが集い、熱い戦いをくり広げていた頃だ。

ブームが大きくなれば、集まる層も厚くなる。古くからのガンファンだけではなく、面白そうだからやってみようかという初心者ゲーマーが増えるのも当然の成りゆきだ。

そういった人々の中には、もともとガンファンでなく、銃にそれほど興味がないという向きも多い。彼らにとって必要なエアガンは、BB弾が遠くまで飛んでよく当たり、たくさん撃ち続けられる物がいちばんだ。くわえて、操作が簡単で値段が安ければいうことなしだろう。

そこに登場したのが今回紹介するマルゼン初のガスガン、S&W 44マグナムというわけだが、時代のニーズをうまくとらえた、まさにサバゲー専用銃ともいえる仕様で大ヒット。当時は、どこのサバゲーチームにも必ずこの銃を使うアタッカーがいたのではないだろうか。

構造としては、MGCベレッタM93Rと同じバレル後退式のガスガンだ。左右2分割のモナカ構造で、スコープ型のマガジンに約120発(初期型では70発)のBB弾を収納。自重落下式で1発ずつチャンバーに落ちる仕組みになっており、ダブルアクションでトリガーを引くだけで超大型のハンマーがバルブを叩き、M93Rに肉薄する初速と命中精度をそなえていた。

特筆すべきはシリンダーやグリップパネルまで完全に一体成形だったことだ。リボルバー型でありながらシリンダーは回転せず、リアルさを一切排除し割り切った設計で、¥3,980という低価格を実現して見せたのである。

当時、すでにMGCからはS&W M459が発売されていたが、価格は¥9,200、モデルガンをも凌駕するあのリアルさを考えれば決して高くはないのだが、銃に興味のない初心者サバイバルゲーマーにとって、エアガンのリアルさなどあまり価値はない。性能面でも価格面でも、マルゼン44マグナムの方がずっと魅力的だったのだ。

ちなみに、MGC M93Rの試作機は、モデルガンのコルトパイソンを利用して作られたというエピソードがある。つまり、もともとリボルバーのダブルアクショントリガーが作動の基準になっていたわけで、その意味でもマルゼンの方向性は間違っていなかったといえるだろう。

サイドビュー 左
サイドビュー 右
バレル側面にS.W. 44MAGNUMの刻印があるが、S&W M29だとすると全体的にひとまわりほど小さい。これがもし.357マグナムのM19なら納得なのだが、やはり商品名に44マグナムという名前を冠するメリットは大きかったのだろう。左右が分かれるモナカ構造で、シリンダーはもちろん、グリップまで一体成形だ。ハンマー後部が異様に大きいのは、バルブを長時間開放して初速をかせぐためだと思われる。

バレル
インナーバレルは真鍮製で、マズルぎりぎりまでの長さがある。推定で約200mmはあると思われるが、これが高い初速と命中精度を実現するキモだった。

スコープ型弾倉
下半分が空洞になっており、BB弾をジャラジャラと流し込む自重落下式のスコープ型マガジン。1986年に発売された初期型では装弾数70発だったが、翌1987年にマイナーチェンジされた、このニュー44マグナムではリューポルドタイプの大型スコープとなり、装弾数が120発と増加した。

上半分は筒抜け
スコープの上半分は筒抜けで、真ん中の切り欠きがリアサイトとなる。

BB弾の収納スペース
この部分をクルリと90度回転させるとBB弾の収納スペースがあらわれる。なお、初期型ではフロントサイト側が装填用キャップとなっていた。

フロントサイト
スコープ前端にフロントサイトがあり、射撃の際はこのようにして狙うわけだ。

セフティ
フレーム右側面、唐突に現れる突起はセフティ。引っ張るとオン、押し込んだ状態がオフで射撃可能となる。トリガーはダブルアクション、シングルアクションどちらでも撃てる。

ハンマー
バルブを叩くハンマー前面にはスチール材がインサートされている。

グリップ底部
ガスはグリップ底部からのリキッドチャージ。グリップまで一体成形のため内部のガスタンクを限界まで大型化でき、安定した射撃が可能となった。
なお、シリンダーの回転しないガスリボルバーシリーズとして1987年末にコルト パイソン357も発売された。こちらはバレルシュラウドが18連のマガジンになっている。

DATA


発売年 1986年7月 (44マグナム)
1987年10月 (ニュー44マグナム)
発売時価格 ¥3,980
全長 実測 295mm
重量 実測 394g
バレル長 -mm
発射方式 ガス
使用弾 6mmBB弾
装弾数 70発 (44マグナム)
120発 (ニュー44マグナム)
平均初速 68.3m/s

撮影協力:サタデーナイトスペシャル

2020/07/25


■関連リンク

ビンテージ エアガン レビュー TOP ビンテージ エアガン レビュー TOP

トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 - トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 -

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

考察 ブローバック・ガスガン 考察 ブローバック・ガスガン