マツシロ SSオートマグカスタム / マルコシ UXスーパーオートマグ

マツシロ SSオートマグカスタム / マルコシ UXスーパーオートマグ

写真&解説 小堀ダイスケ

解説

長いエアガンの歴史の中で、「実在する銃をモデルとしたハンドガン」としては、ごく初期の製品と言えるのがマツシロSSオートマグカスタムだ。

それまでのエアガンは長物が中心、しかも実銃が存在しない、架空デザインの物がほとんどだった。
そんな中、若干オーバースケールだったとはいえ、ここまでリアルにオートマグを再現した製品の登場はまさに衝撃的であり、業界に激震が走ったと言っても過言ではないだろう。
また、ブローバックのようにケース(カートリッジ)を自動排莢する、というメカも画期的だった。
「オートバックメカニズム」と名付けられたこの機構は、ボルト(シリンダー)を押し込んでコッキング、発射後はスプリングの力でボルトが後退し、ケースを自動で排莢する。
現代のガスブローバックとは比べるべくもないが、ケース式エアコッキグガンの主流として、以後10年以上に渡り各メーカーがコピーし続けたシステムだ。

1984年には、販売元であるタカトクトイスが倒産した事で、メーカーがUNIXへと引き継がれ、販売元はマルコシへ、モデル名も「マルコシ UXスーパーオートマグ」と改名された。
その際、カートリッジが7mmつづみ弾から6mmBB弾仕様となり、さらにその後、ケースレス式&ケース式のハイブリットモデルへと改良されたが、結果的には中途半端な物となってしまったようだ。
販売は1990年頃まで続けられていたが、他社のエアガンがどんどん高次元へと進化して行く中、やがてひっそりと市場から消えて行った。

マツシロ SSオートマグカスタム
マツシロ SSオートマグカスタム。SSとはスーパースポーツの頭文字で、当時は競技射撃用のイメージで売りたかった事がうかがえる。

バレル上のクーリングホール
バレル上のクーリングホールが実銃より多く、若干オーバースケールだが、スラリとしたバレル長でうまくバランスを保っている。

ボルト後端にはダミーのハンマーがモールド
ボルト後端にはダミーのハンマーがモールドされている。リアサイトは上下左右のフルアジャスタブルで、当時としてはかなり贅沢な仕様だった。

ブローバック作動
当時はまだブローバック作動があまり認知されていなかったため、発射後に勢いよく後退するボルト(シリンダー)に顔を近付けないよう、注意書きがそえられていた。

マガジンはスチールプレス製
マガジンはスチールプレス製。黄土色のケースが7mmつづみ弾用で、黒色はUNIXブランド以降の6mmBB弾仕様。2色の7mmつづみ弾は純正品ではない。

左、マルコシUXスーパーオートマグ、右、マツシロSSオートマグカスタム
左、マルコシUXスーパーオートマグ、右、マツシロSSオートマグカスタム。刻印以外、どちらも外観は同じだ。

マツシロの7mmつづみ弾用インナーバレルはアルミ製
マツシロの7mmつづみ弾用インナーバレルはアルミ製。当時のインナーバレルは金属製の物が多かった。

マルコシの6mmBB弾用インナーバレルはプラスチック製
マルコシの6mmBB弾用インナーバレルはプラスチック製。高級感に欠けるだけでなく、精度面でも疑問が残る。

マツシロSSオートマグカスタムのパッケージ
マツシロSSオートマグカスタムのパッケージ。全体的にシックで落ち着いた雰囲気が印象的だ。TAKATOKU CO.LTD.は販売元の社名。

マルコシUXスーパーオートマグのパッケージ
マルコシUXスーパーオートマグのパッケージ。この時点ですでにASGKに加入しており、箱には"エアーソフトガン"の文字が入れられている。

マニュアル
マルコシUXスーパーオートマグのマニュアル。実銃の歴史から操作方法まで、かなり丁寧な内容となっている。> マニュアルPDF


DATA


発売年 1978年
発売時価格 ブラックモデル¥6,500 シルバーモデル¥9,000
全長 実測 397mm
重量 実測 770g(マツシロ)/ 700g(マルコシ)
インナーバレル長 約155mm
発射方式 プッシュ式エアコッキング ケース式オートバックメカニズム
使用弾 7mmつづみ弾 (マツシロ) / 6mmBB弾 (マルコシ)
装弾数 7+1発
平均初速 92.2m/s (マツシロ : つづみ弾) / 72.4m/s (マルコシ : 0.12gBB弾)

撮影協力:サタデーナイトスペシャル

2018/06/18


■関連リンク

ビンテージ エアガンレビュー TOP

トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 - トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 -

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

考察 ブローバック・ガスガン 考察 ブローバック・ガスガン