エーダイグリップ ルガーMk1 ターゲット モデル

エーダイグリップ ルガーMk1 ターゲット モデル

写真&解説 小堀ダイスケ

解説

過去に魅力的な製品を発売しながらも、消えてしまったエアガンメーカーはたくさんある。
中でもエーダイグリップは、今なお語り継がれる伝説的メーカーのひとつだ。
なにせ、世に出たラインナップはオートマグとこのルガーMk1、たったの2機種だけだったのだ。
もとはミニカーなどのスケールモデルを作っていた模型メーカーなので、ディティールの再現性には定評があった。
そのためエーダイグリップが製品化した2機種は、どちらも1980年の発売当時としては群を抜いたリアルさを誇り、オモチャ然としたエアガンが当たり前だった当時、異色の存在と言っても過言ではなかった。
作動方式は、カートリッジを使う疑似ブローバックのプッシュ式エアコッキングで、当時としてはかなり先進的なメカだ。
つづみ弾の口径も、7mmがスタンダードだった時代にあえて6mmとしたところに、こだわりが感じられる。
実銃の口径も約6mm(5.56mm)なので、カートリッジをリアルサイズで作る事が出来たというわけだ。
外観だけではなく、装填や射撃といった一連の動作すべてにリアルさを追求した、エーダイグリップ ルガーMk1 ターゲット モデル。
発売から数年後、メーカーが倒産した事で短命に終わってしまったため、製造数はかなり少なかったようだ。

外観は実にリアル
発売当時、すでに市場に存在していたCMC製モデルガンを参考にデザインしたと考えられるため、外観は実にリアル。

グリップフレーム部
グリップフレーム部はネジ止めの左右モナカ形式だが、ヘンにギシギシする事もなく、剛性はかなり高い。

マズル
リアルな6mm口径のマズル。フロントサイトブレードはしっかりとエッジの立った別パーツだ。

フルアジャスタブルのリアサイト
フルアジャスタブルのリアサイト。これは当時のエアガンとしてはかなり豪華な仕様だった。

トリガー
トリガーはニッケルプレート仕上げで汗に強い。グリップのロゴマークは、スタームルガー創設者のひとりであるアレックス・スターム氏の死を悼み背景色が赤から黒になった、1951年以降のモデルを再現。

ボルト(シリンダー)の後退ストロークは約62mm
ボルト(シリンダー)の後退ストロークは約62mm。ここからグイと押し込んでコッキングする。

リコイルスプリングガイド
リコイルスプリングガイドは片持ち式のため1本のみ。コストを考えても当然のデザインだろう。

マガジンキャッチ
マガジンキャッチは実銃通りのボトム式。確実にマガジンを固定する。

スチールプレス製のマガジン
スチールプレス製のマガジンと、22LR弾(実弾はリムドケース)をうまく模した金属製のカートリッジ。

パッケージ
パッケージにはボルトが後退した状態で収納される。外箱にメカニズムのイラストを添えているのが何とも80年代らしい。

マニュアル
かなり親切で丁寧なマニュアル。特に、後退するボルトでケガをしないよう「セフティクリアランス」を取るよう明記してあるのが興味深い。
> マニュアルPDF


DATA


発売年 1980年
発売時価格 ¥5,800
全長 実測 285mm
重量 実測 555g
インナーバレル長 約155mm(アルミ製)
発射方式 プッシュ式エアコッキング
使用弾 6mmつづみ弾
装弾数 7発
平均初速 43.2m/s

撮影協力:サタデーナイトスペシャル

2018/08/13


■関連リンク

ビンテージ エアガンレビュー TOP

トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 - トイガン史 1963 ~ 1993 - あるガンマニアの追憶 -

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史 モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

考察 ブローバック・ガスガン 考察 ブローバック・ガスガン