F2 PLANT(エフツー プラント) サバイバルゲームフィールド

F2 PLANT(エフツー プラント) サバイバルゲームフィールド

栃木県栃木市に2013年11月にオープンしたインドアフィールド、エフツープラントをレビュー!!
そしてフィールドにはリアルスケールの10式戦車が登場!!

栃木県南部で埼玉県との県境くらいに位置
栃木というと都内から凄く遠いイメージがあるが、実際には栃木県南部で埼玉県との県境くらいに位置し、東北自動車道で都内から空いていれば1時間半程度。館林ICから18分ほどとアクセスは比較的よかった。

フィールドはF1とF2の二つの大きな倉庫で構成
フィールドはF1とF2の二つの大きな倉庫で構成される。こちらがF1フィールド。かなり広い。

F1フィールド手前
F1フィールド手前から。定例会はF1とF2をつなげてゲームしているそう。貸切は個別でもOKとのこと。

もともと瓦工場
もともと瓦工場だったとのことでバリケードはラックに積まれた洋風瓦。フィールドのあちこちに設置されている。

ベルトコンベアで瓦を焼くマシン
F1にはベルトコンベアで瓦を焼くマシンが。

照明設備もあるので夜戦も可能
窓から明かりも入るのでそこそこの明るさはある。もちろん照明設備もあるので夜戦も可能とのこと。

ベルトコンベアの先はこんな小部屋
ベルトコンベアの先はこんな小部屋に。

半地下のような部分
立ち入り禁止になっているが、半地下のような部分もあった。

1/1スケールの陸上自衛隊最新の10式戦車
そしてこのF1フィールドの入り口付近に1/1スケールの陸上自衛隊最新の10式戦車がどどーんと展示されている!!

迫力の120mm滑空砲
迫力の120mm滑腔砲!! 手動ながら砲塔は旋回、上下の仰俯角移動が可能。

細部もこだわりの作り
細部もこだわりの作り。砲塔のキューポラやハッチ、電子照準器やセンサーといった細かいパーツ、車体後部の排気口に至るまで再現されている。10式戦車のレポートはこちらからどうぞ。比較してみて。

映画の大道具だったもの
この10式は映画の大道具だったものだそう。凄まじい迫力だ。

キャタピラ
キャタピラは前面にしか付いてなくて、今後増設予定だとか。

10式戦車の上部
10式戦車の上部には許可をもらって登ることができた。M2機関銃も搭載!! 電動ユニットが内蔵されていて撃てるみたいだけど、ゲームには使用しないようだ。

環境センサーやラック
環境センサーやラック、砲塔上面の造形までこだわってるなぁ。

素材は鉄フレームに合板や鉄板を使用して作られている
素材は鉄フレームに合板や鉄板を使用して作られているいわゆるハリボテ的構造。キャスターが付いているので移動することもでき、車体は左右半分にバラせ、砲塔と合わせて3ピース構造になっている。
BB弾が当たるとさすがに凹んでしまうとのことで(笑)、バリケードではなく、あくまでフィールド外のディスプレイという位置づけ。

かなりそっくり
画角が違うけど、かなりそっくり! 灯火類や塗装、マーキングもぜひ再現してほしい!!
また今後は自衛隊の2色塗装を施すということでこれも楽しみ。

内部車長用ハッチから内部に入るとこんな感じ。ま、ハリボテなんでこんな感じか。

F2フィールド
こちらはF2フィールド。

廃工場がそのまま使用
廃工場がそのまま使用されていて雰囲気抜群。

サイロがF2中央部にそびえ立っている
サイロがF2中央部にそびえ立っている。

部材を混合するための機械へパイプ
そのサイロから部材を混合するための機械へパイプが伸びている。

コンクリート精製のような巨大な機械
コンクリート精製のような巨大な機械。

工場&廃墟マニアに垂涎の空間
工場&廃墟マニアに垂涎の空間だったりして。

倉庫や製造マシンがそのまま設置
倉庫や製造マシンがそのまま設置されている。

F2フィールド奥
F2フィールド奥から。

F1フィールドへの抜ける穴
F2フィールド奥には中央部、F1フィールドへの抜ける穴があけられている。
この穴の横からスモークを炊いて突入の演出が行われるそうだ。

フラッグスイッチ
F1、F2それぞれに4か所づつ設置されたフラッグスイッチ。押すと場内にホーンが鳴り響く仕組み。

ベンツがバリケード
F1とF2の間のエリアにはベンツがバリケードとして設置されている。

F1とF2の間
F1とF2の間。もう少しバリケードが欲しいところ。

砂置場
こんな砂置場のようなのもあったりする。

セフティエリア
セフティエリア。およそ60人ほどが収容可能。

電源コンセントなども利用
電源コンセントなども利用できる。

ジュースの自販機、マガジンウォーマー
ジュースの自販機、マガジンウォーマーもあり。その他、事務所内にポット、電子レンジなども完備しているのでスタッフに声を掛ければ利用できる。

女性更衣室 事務所2階には女性更衣室がある。
男性更衣室はF1フィールド横にあるプレハブ小屋2つが利用できる。

レンタルガン、ウェア
レンタルガン、ウェアは30人分を用意。マルイやA&Kの電動ガンが中心。

BB弾やガスの販売BB弾やガス、シュマグやグローブなどの装備品なども販売。カップラーメンなども売っていた。

多目的ルーム
多目的ルーム。シューティング設備などを設置するかもしれないとのこと。

ロッカールームまだ用途未定のロッカールームなどもある。

トイレ
トイレは共用。便座ヒーター&ウォシュレット付水洗トイレ完備。個室のドアの裏には10式戦車のポスターがっ!!

駐車場
駐車場は敷地内の第1と第2駐車場を合わせて80台ほどまで収容できるとのこと。

フィールドマップ
フィールドマップ。

フィールドはインドアとしてはかなり広め。F1、F2の両フィールドとその間のスペースを含めれば60~70人程度のゲーム規模でも対応できそうだった。バリケードの配置も適度で、廃工場を生かした面白みのある構成だ。

そしてなんといっても魅力的なのが10式戦車のフルスケールモデル!!
実際にゲームに使用できるわけではないが、これを見に来るだけでも価値がある。そして自衛隊装備で戦ったあとに記念撮影を行いたい。是非!

すばらしいインドアフィールドなのでもう少し造作の作り込みがあったらさらに魅力がアップしそう。ミリタリーコンセプトの小物や造作アクセントを作り込めば更に雰囲気満点のフィールドになるに違いない。例えば120mm砲弾と弾薬箱が積みあがっているとか、迷彩ネットがバリケードに被せているとか。
10式戦車の強い個性を生かしていろいろ考えられそうだ。

また自衛隊広報と連動したイベントや、戦車系アニメや漫画とのコラボなども考えられそうなので、今後注目のフィールドとなりそうだ。

F2 PLANT (エフツー プラント) 公式サイト
〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡2262 (旧:藤岡スレート工業)
直通:080-7077-7772
TEL:0282-21-7772 FAX:0282-21-7773

2014/03/05

■関連レビュー
サバイバルゲーム フィールド一覧 関東編

アジト インドアフィールド[山梨] アジト(AGITO) インドアフィールド [山梨]

アストレア インドアフィールド [群馬] アストレア(ASTREA) インドアフィールド [群馬]

どんぱち インドアフィールド [千葉] どんぱち インドアフィールド [千葉]

特殊作戦軍区 インドアフィールド [茨城] 特殊作戦軍区 インドアフィールド [茨城]