ショットショー2020 in ラスベガス パート1

ショットショー2020 in ラスベガス パート1

[パート1] [パート2] [パート3] [パート4] [パート5] [パート6] [パート7] [パート8] [パート9] [パート10]

ショットショーは米国で毎年開催されている世界最大規模の銃器見本市。
今年もネバダ州のラスベガスにて開催されたショットショー2020に行ってきたのでご紹介。
今回はエアソフトメーカーのブースを中心に新商品を紹介しよう。

注) 紹介するエアソフトは全て本米市場向けの展示です。国内の法令に合わない製品も含まれます。また各仕様・価格は国内バージョンでは変更される場合があります。

G&G

TYPE 64 BR
TYPE 64 BR 電動ガン。2019年のG&G LOVERSイベントにて参考展示されており、形状はもちろん日本の国産小銃、六四式小銃をモデルアップしたものとなる。BRはBattle Rifleの略だそう。

電子トリガー
電子トリガー、MOSFETを搭載し、小さなリモコンで各種設定を無線操作できる。

設定リモコン
3点/5点のバーストモード設定、トリガーの引きしろの調整、セクターギアの回転数調整などが設定できる。

レシーバー右
レシーバー右側面には引っ張って回す方式のセレクター。刻印はアタレ。

レシーバー左
レシーバー左面。

刻印
刻印はこんな感じ。

バレル
バレル先端には北米仕様向けにオレンジチップとなっているが、日本使用は黒くなる。

二脚
二脚を折りたたむ。

ボルト
ボルトを引くと写真の位置で固定される。チャンバー周りにはホップ調整はない。またブローバック機能はない。

ボルトがリリース
レシーバー右面のボタンでボルトがリリースされる。

リアサイト
折り畳み式のリアサイトとフロントサイト。

ホップ調整
ガスレギュレーターのダイヤルを回してホップ調整する。

ストック
ストックは木製。ショルダーレストも可動。

バッテリー
コンパートメントスペースにバッテリーをセット。ミニコネクター仕様。

マガジン
マガジン装弾数は90発。オートストップ機構あり。

グリップ
グリップ内にモーター内蔵。グリップも木製。

給弾口
給弾口。

ドラムマガジン
同社のドラムマガジンを装着可能。異次元の弾幕を張れる自衛隊プレーヤーになれる!!

GPM92 GP2 DST
GPM92 GP2 DST。GBB。

GPM9 MK3
GPM9 MK3。GBB。

PIRANHA MK.I SILVER
PIRANHA MK.I SILVER。GBB。

GTP9 FA
GTP9 FA。GBB。

GPM1911 CP
GPM1911 CP。GBB。

SSG-1 電動ガ
SSG-1 電動ガン。電子トリガー、MOSFET搭載。装弾数105発。speedQBなどの競技用に作った電動ガンとのことだった。

RWA

RWA
香港に拠点を置くRed Wolf Airsoft。

Battle Arms 556-LW
Battle Arms 556-LW 電動ガン。2020年中ごろに登場予定。Battle Arms正式ライセンス。

ロングバレルと7インチのショートバレルモデル
ロングバレルと7インチのショートバレルモデルがある。電子トリガー内蔵。両モデルともBattle Arms VERT PDW Stock、Fortisのハンドガードの正式レプリカが装着される。

ホップ調整
チャージングハンドルを引いてボルトが固定、ボルトキャッチでリリース。ドラムタイプのホップ調整ダイヤル。

ハンドガード
ハンドガードは下部のレバーで簡単に取り外し可能。

迷彩モデル
参考展示で迷彩モデルも展示されていた。

ホワイトカモ
こちらのホワイトカモ(ALPINE?)もカッコいい!!

DeseetTech SRS-A2
AR以外にはDeseetTech SRS-A2のエアコッキング、FABARM STF12のガスショットガンが展示されていた。

SRS-A2
SRS-A2はチャンバー上に斜めに設けられた二つのホップ調整ネジで微妙なホップ調整が可能とのこと。

STF12
STF12はグリップ内にガスタンクをセット。マルイ互換の30連シェルマガジンを使用する。

さおりーぬ
現地でサバゲーマー、インスタグラマーのさおりーぬさんにお会いした。なんと1人でラスベガスまでSHOT SHOWを見にやってきたのだそう。凄い行動力。RWAのスタッフと一緒にBattle Armsのブースに電動ガンを持っていって、実銃と比べてみた!!

KWA

KWA
KWAはガスブローバックの新作LM4Dを展示。

LM4D
初速調整可能なボルトキャリア、CO2対応のマガジンも開発中とのこと。

マガジン
マガジンは30連、上面にはドライファイアモードのスイッチがある。

Roninシリーズ
電動ガンではRoninシリーズの新作が展示されていた。

RONIN 47
RONIN 47。映画のタイトルみたいな製品名だが、AKマガジンを使用するAKAR。電子トリガー搭載。

M-LOKハンドガード
M-LOKハンドガードやPDWストックなど、モダンなスタイルがカッコいい。

Ronin T10
Ronin T10 電動ガン。

QRF MOD.3
QRF MOD.3 電動ガン。ストレートマガジン、アンビ仕様のPCC。スプリング交換がしやすいギアボックスAEG 2.5+となっている。

LANCER TACTICAL

LANCER TACTICAL
MOAでも見かけた、PAF AirsoftのMK19が展示してあった。グレネードカートは展示用のダミーで内部はHPA仕様となっている。

RHINO REVOLVER 50DS
ChiappaのRHINO REVOLVER 50DSが展示されていた。

ライブカート式のCO2ガスガン
ライブカート式のCO2ガスガン。

CO2カートリッジ
CO2カートリッジはグリップ内に装填。

カッコいいスタイル
カッコいいスタイル!! フルメタル仕様なので日本では販売されないだろう。

ENFORCERシリーズ
ENFORCERシリーズの電動ガン。

カスタムモデル
カスタムモデルも展示されていた。

電子トリガー
$300以下の製品でも電子トリガーが搭載されている。

ASG

ASG
デンマークのエアソフトメーカー、パブリッシャーのASG。

B&T USW
昨年のIWAでモックアップが展示されていたB&T USW ガスブローバック。

樹脂製ストック
ピストルサイズの本体に折り畳み樹脂製ストック装備。

メタルスライド
メタルスライド仕様。ドットサイトマウントも備える。

スレッデッドバレル
スレッデッドバレル、アンダーマウントを装備して、拡張性も高いマシンピストル。

AI MK13 Mod.7
AI MK13 Mod.7 エアコッキングガン。MOAでも展示されていたARCHWICK製だが、こちらはショートバレルモデルが展示されていた。

タクティカルなスタイル
タクティカルなスタイルがカッコいい。

マガジン
マガジンはハンドガードを取り外したところにあり、外見上のマガジンはダミーとなっている。マガジンはVSR-10互換とのこと。

Cz EVO ATEK
IWAでもみかけたCz EVO ATEK。コンプリートとキットがある。

Cz Shadow 2
Cz Shadow 2のCO2ガスブローバック。

EMG (EVIKE MANUFACTURING GROUP)

EMG
EMGのブースにはVARBOXが設置されプレーできた。旧正月バージョン!!
例年Cybergunブースのあった場所がEvikeブースと統合しており、どうやら北米市場ではCybergun製品はEvikeが管理することになったようだ。

Strike Industries
Strike IndustriesのAR15電動ガン。

PCCやPDWスタイル
PCCやPDWスタイルのものも。

ARKスライド
ARKスライドが乗ったカスタムグロックや、ARCHON TYPE Bのガスブローバック。

樹脂製レシーバーのHelios
樹脂製レシーバーのHeliosシリーズ電動ガンも。KAC SR-16E MOD2、KAC PDW、Sharps Bro. JACK9など。

DYTAC F4 Defense AR-15
DYTAC F4 Defense AR-15 電動ガン。

NOVESKE Gen4 電動ガン
NOVESKE Gen4 電動ガン。またGBBバージョンも展示されていた。

SFライクなヘルメットとライフル
SFライクなヘルメットとライフルコンバージョンキットが展示されていた。

PTS

PTS
Vショーでも展示されていたGBLS DASシリーズの新作HK416が展示されていた。これからHKとライセンスの交渉を進めるとのことだった。

トレーニングマガジン
DAS用のトレーニングマガジン。BB弾は装填できないが、側面のボタンで指定弾数を設定し、DAS M4で撃つと撃った回数をセンサーが感知し、指定弾数でマガジンのリンクが上がって、ホールドオープンする仕組み。ランダムでボルトが停止するマルファンクションモードもある。

EPM1
EPM1。なんと250連のスプリング給弾マガジン。もうこれでゼンマイ給弾マガジンとはおさらば。側面のオレンジのマーカーが残弾インジケーター。
右はB.E. MEYERS MAWL-C1のIR+可視レーザーエイミングモジュールのモックアップ。

MTEK FLUX Helmet
MTEK FLUX Helmet。

UMAREX / Elite Force

Elite Force
S&W M&P9L CO2 GBB、GLOCK GEN3 CO2 GBB、GLOCK GEN4 GBB。UMAREXは北米市場ではElite Forceのエアソフトブランドで展開している。

GLOCK GEN3 CO2
GLOCK GEN3 CO2は内部ユニットがスチールパーツになっている。GEN4は従来のGREEN GAS仕様。

H8R CO2ガスリボルバー
H8R CO2ガスリボルバー。シリンダー後部が取り外せて10発の6mmBB弾をセットできる。

さて、次回は郊外の射撃場で行われたインダストリーデーの模様も含めながら実銃メーカーの新商品を紹介しよう。

ショットショー2019 パート2へ続く
[パート1] [パート2] [パート3] [パート4] [パート5] [パート6] [パート7] [パート8] [パート9] [パート10]

2019/02/02


■関連リンク

ショットショー2018 レポート ショットショー2018 レポート

ショットショー2017 レポート ショットショー2017 レポート

ショットショー2016 レポート ショットショー2016 レポート

ショットショー2015 レポート ショットショー2015 レポート

ショットショー2014 レポート ショットショー2014 レポート