2017年11月27日

コンバットマガジン 2018年1月号発売!! 服部編集長より

服部編集長

ハイパー道楽をご覧の皆さま、コンバットマガジン編集長の服部と申します。

 

今月号の表紙は戦え!!ぴっちょりーな⭐︎が登場!

秋空のもと、ミリタリーヴィークルと見事な共演っぷりを見せてくれました!

 

巻頭では、前号に引き続き、横田徹さんの世界最前線からのレポート!

先日、命を落とした、イラク伝説のスナイパー。

その最晩年の姿と、IS戦闘員だけで350人以上狙撃したという、迫真のインタビュー。

読み応えありです!

 

そして特集「ミリタリー・ヴィークル」!

日本ミリタリーヴィークル協会(NMVA)ご協力のもと、

我らがDUKE 廣井さんをプロデューサーに迎え、

CMチームが総力でMVの魅力をお届けします!

60代〜20代のオーナーに「MVの魅力ってどこにありますか?」と伺う座談会。

 

ぴっちょのナビでお届けする「ジープ」の礎を築いたと言われるMB & GPWの徹底比較!

 

「MVレストアの駆け込み寺」でみた、レストア最前線!

 

「ほしいわ〜」と物欲が湧いてきた方に向けて、可能な範囲で各車輌の「お値段」も紹介しています!

今回も、掛け値なしの保存版特集です!

 

さらに、新鋭装備系ライター、DJちゅうさんが、共催したサバゲイベント「秋の祭典」!

 

忘ちゃならない(!?)サバゲ三等兵。

今回はまさかの!! アームズさんのサバゲ祭に突撃取材!

 

 

ほかにももちろん東京マルイさんが発表した89式の速報から、イギリスの兵器ショーまで今号も見所満載!


コンバットマガジン 2018年1月号

 

12/10にはコンマガ後援の「ギアフェス」がいよいよ開催されます!

なんと、受付開始30分でチケット完売! の人気っぷり。

ゲストも大勢ですよ。

来られる方は会場で、ぜひお会いしましょう!

 

今号も宜しくお願いいたします!



2017年11月26日

月刊アームズマガジン2018年1月号 アームズマガジン・毛野ブースカから

毛野ブースカ

月刊アームズマガジンの編集ライターの毛野ブースカです。

早いもので月刊誌は2018年度を迎えました。2017年も残りあと1ヶ月ほどですが、皆さんどんな1年でしたか?

2017年を振り返るのは来月にして、今月はやはり11月11日と12日に開催された「東京マルイフェスティバル4th in ベルサール秋葉原」に展示された次期新製品について語らなくてはならないでしょう。ハイパー道楽をご覧の方ならご存知かと思いますが、もっとも話題をさらった新製品は、なんと言っても「89式5.56mm小銃固定銃床型ガスブローバックガン」ではないでしょうか。事前に公開されたティザー広告から、私は電動ガンベースの東京マルイオリジナルの改修型かと予想したのですが、期待をいい意味で大きく、大きく、大きく裏切ってくれました。

多くの入場者で混み合う会場で現物を見て、私は興奮しました。「おおっ、東京マルイ、やってくれたな!」。忌憚なく言ってしまえば、新製品でこれほど気持ちが昂ぶったのは久しぶりです。詳細についてはハイパー道楽さんや弊誌のレポート記事を見ていただくとして、私は直感で「これは絶対に売れる!」と思いました。東京マルイのこの製品に対する気合いの入れ具合はハンパないです。

電動ガンスタンダードタイプの完全新規金型モデルは、実は89式小銃シリーズ以降、発売されていないのですが(電動ガンハイサイクルカスタムはバリエーションと考えます)、あえて89式小銃を次世代電動ガンで発売しなかったのは、東京マルイとしては最終的にはガスブローバックガンで89式小銃を作りたかったからではないかと。ガスブローバックガンM4A1 MWSはその布石だったのではないかと。実銃の特徴を限りなく再現し、かつ優れた実射性能とブローバックアクション…東京マルイのすべてを凝縮したエアガンと言っても過言ではないと思います。来年の春頃の発売を目指しているとのことなので、今から発売が待ち遠しいです。もちろん誌面で特集する予定なので、楽しみにしていて下さい。

それでは、11月27日に発売されます2018年1月号をご紹介させていただきます。カバーガールは、結成6年目を迎える4人組のアイドルグループ「夢みるアドレセンス」の志田友美さんと小林れいさんのダブルキャスト。アフリカで活動する米軍特殊部隊をイメージしたスタイルでキメてもらいました。

巻頭特集は「日本全国のショップに聞いた!2017年売れているエアガン」。全国のエアガン取り扱いショップに「長物部門」「ハンドガン部門」でどの銃が売れているかをアンケートを実施。それぞれの結果をランキングした。今買うべきエアガンが明らかになる!?

また、特別付録として「アームズマガジン2018カレンダー リアルガンinアクション」がついてきます。カレンダーは例年ですと年末号(2月号)についてくるのですが、多くのリクエストに応えて、1ヶ月前倒しでつけました。カレンダーを制作した私が言うのも手前味噌ですが、毎年愛用しています。

2018年1月号をよろしくお願いします!!

 


月刊アームズマガジン2018年1月号

 

目次

■Arms MAGAZINE HEADLINE NEWS
東京マルイフェスティバル4th in ベルサール秋葉原レポート
Arms MAGAZIN オリジナルカスタムガン製作プロジェクト インナーバレルテスト
速報! サバゲ祭2017

■巻頭特集:日本全国のショップに聞いた! 2017年売れてるエアガン
長物部門ランキングTOP10
長物部門第1位:東京マルイVSR-10シリーズ
ハンドガン部門第1位:東京マルイハイキャパ5.1ガバメントモデル
ベストセラー・ガンズ・スタイリング
地域別・売れてる銃
長物部門第2位:東京マルイ HK416 デルタカスタム
長物部門第3位:G&Gアーマメント CM16カービン BK/DST
ハンドガン部門第2位:東京マルイ ガスブローバックフルオート グロック18C
ハンドガン部門 第3位:東京マルイ エアーハンドガン コルトM1911A1 ガバメント
今、売れているエアガン向けギアカタログ
ショップの店員さんに聞いた!「エアガン化してほしい銃は?」

■TOYGUN’s FIELD
●TOYGUN NEWMODEL速報
ハートフォード LEIJI SMALL ARMS COLLECTION SERIES 戦士の銃 コスモドラグーン
ハートフォード コルトM1860アーミーコンバージョン5.5インチモデル
タナカ S&W M422センチニアルエアウエイトJポリスHW
タナカ S&W M627 PC 5インチ8ショットHW Ver.2ガスガン
タナカ S&W M29 4インチカウンターボアードスチールジュピターフィニッシュ
WA ベレッタM92FSセンチュリオンカーボンブラックHW/AMTハードボーラーT1ターミネーターモデル
クラウンモデル SCAR FNLエアコッキングガン
エラン コンバットコマンダー/LWコマンダー
B.W.C. キンバーウォリアースクリーンモデル/3インチ1911コルトディフェンダー

●IMPORT TOYGUN PICKUP
ICS CXP-MARS S3シリーズ
G&Gアーマメント TR16 MBR 308SR&WH
G&Gアーマメント ARP556
LCTエアソフト LC-3 SG1電動ガン
BO Manufacture FABARM PROFESSIONAL STF12エアコッキングショットガン
APS PHANTOM EXTREMIS MARK V 電動ガン
SRU SCAR-H BUP P1/H ブルパップカスタムライフルGBB TAN/TANフレーム

■東京マルイノンフロン・ガンパワー/東京マルイマイクロプロサイト

■Customgun,Newparts & Accessory

■最強トイガン伝説 ボスゲリラ妄想劇場

■ガングラフィックス システマTW5A4

■トイガンマニアックス マルゼンM1100ガスブローバック

■毛野ブースカのCUSTOM PARTS PICKUP
ノーベルアームズ SURE HIT 1824 IR HIDE7 SSTP

■ライラーメンNo.63の大サバゲ実験室~Discover Savage~

■第2特集:不朽の名銃 AKライフル
注目の新製品 東京マルイ次世代電動ガンAK47 TYPE3の魅力に迫る!!
あまり注目されなかった次世代電動ガン??
AK使うならコレ! オススメアイテム&ギア
AK HISTORY カラシニコフ小銃の誕生

■REALGUN REPORT FAL/DSA SA58/SHIN

■コルトデルタエリート10mmオート/Hiro Soga

■TAVOR Israel Weapon Industries/櫻井朋成

■ORIENT SHIELD 2017パート2/笹川英夫

■LittleArmory MP5A4/5タイプ&G36タイプを作ろう!

■PICKUP ITEMS

■GEARs 装備カタログ

■サバゲ野郎 一番星

■植杉佳代のUP TO THE MINUTE GUN SHOOTING 第11回:ルームクリアリング

■正田美里アワー 笑ってサバとも!

■アームズサバゲレポート
2日間完全密着! クライタックオーナーズミーティング02レポート
BATTLE CITY 11周年記念祭
全国サバイバルゲーム陣取り合戦
その① 第2回ARMOR祭開催
その② 正義VS悪 CHANGE SURVIVAL GAME
その③ 長野県Estate ウピウピ隊ゲーム参戦!
その④ 第9回UNIONフェスティバル

■トイガン業界アーカイブ 業界のプロフェッショナルたち⑧ コネティ加藤

■月刊ゲリラリラ

■イベントカレンダー

■IMPORT TOYGUN NEWS

■Arms CINEMA INFO:白河理子の今月のイチオシ!!/小明の神聖キネマ帝国

■アームズレコメンド

■ARMS SQUARE

■COVER GIRL SPECIAL SELECTION 夢みるアドレセンス 志田友美/小林れい

■Tactical Gear Laboratory~戦術装備研究所~

■Virtual Mission Game Manual 水崎綾女の仮想作戦遊戯教本

■鈴木咲のBEGINNER SURVIVAL GAME STYLING

■COMBAT FIRST AID コンバット・ファーストエイド

■鈴木咲のBEGINNER SURVIVAL GAME STYLING

■リエナクトメントのススメ「ドイツ軍の糧食」再現 ドイツ軍兵営体験イベントレポート②

■主を失った世界の名銃たち

■肉体改造 マッスルロード

■アームズマガジンショップ

 



2017年11月26日

PEACE COMBAT(ピースコンバット) Vol.22 井上編集長より

ハイパー道楽をご覧の皆さんこんにちわ。PEACE COMBATの井上です。

11月27日発売号VOL.22の告知をさせていただきます。

まず今号は、DANNERのオフィシャルパッチが付いてきます。

この秋から、DANNERのミリタリーラインが日本でも正式に展開を始めるのですが、

それを記念して、DANNERの人気モデルUSMC RAT 8 Mojaveをモチーフにした可愛らしいパッチです。

ぜひ、GETしてくださいませ。

それでは、今号のコンテンツをご紹介します。

まず1特は、迷彩特集。その迷彩の道のエキスパートをお呼びしてスタジオで撮影し、色々インタビューさせてもらいました。王道のマルチカムから、最新のA-TACS GHOSTまで、いろいろな迷彩やいろいろなお方が登場する企画です。

第2特集は、カスタムガンの特集です。タレントの西崎リマさんが実際にカスタムショップを訪れ、いろいろなカスタムを紹介していく企画です。全国有力ショップの自慢のカスタムガンやパーツガイドも網羅しています。

第3特集は、ショップガイドです。お店の紹介のみならず、そのお店の売れ筋ランキングを掲載させていただきました。週末のお買い物の参考にしてください。

そのほか、話題の台湾の装備系美女、AOR PINK VS 戦え!ぴっちょりーなの第2ラウンドなど、様々なコンテンツが盛りだくさんです。

PEACE COMBATをぜひぜひ、宜しくお願い致します!

 


PEACE COMBAT(ピースコンバット) Vol.22

 

目次

015       FORWARD

022       SUPERB ARTICLE COLLECTION

024       MY CAMOUFLAGE

迷彩別装備大特集

それぞれの迷彩、それぞれの着こなし

041       CUSTOM GUN GALLERY  カスタムガンショップ渾身の一挺

044       NEW TOYGUN CATCH UP  新着ニューガン情報

050       FIRST MANUFACTURING DIV.

054       DO THE SURVIVAL GAME IN EARNEST

056       SYSTEMA DAY 2 DAY MANUFACTURE

058       初音のMIL♡NAVI

060       永尾まりやのFIELD SPOTTING

064       CUSTOM AEG EVOLUTION

ゲームで使えるカスタム電動ガンに注目!

078       GUNS & MILITARY SHOP NAVI

人気ショップが教える秋の売れ筋ランキング

100       戦え!ぴっちょりーな VS AOR PINK 第2弾

112       NYLON FREAKS

114       MILITARY VEHICLE HUNTING

126       戦場のランドシャーク

127       FIELD SNAP

126       BRIEFING BOARD

127       NEW RELEASE TOYGUN INFORMATION

128       FIELD SNAP

132       EVENT REPORT

140       大門団長

141       マウンテンリーコン ファントムアウトドア部

142       COCO’S SURVIVAL GAME SEXY HOROSCOPES

143       ハイパー道楽のDOURAKU ライフ

144       インパルス板倉の散財、万歳!!

 



2017年11月26日

SATマガジン 2018年1月号発売!! 浅香編集長より

浅香編集長

みなさん、こんにちは!  SATマガジン編集長の浅香です。

写真は10月11日~13日、東京ビックサイトで行われたテロ対策特殊装備展から。
131社が出展し、来場者はのべ約2.4万人。ジャパンセルと合同出展したキャロットは今年もリアルな訓練教材「TRG」各種を発表。89式小銃から拳銃までズラリ。

 


Strike And Tactical 2018年 1月号

 

■目次

対北特殊作戦から見る「斬首作戦」は実行するか●Hong Heebum
Seoul ADEX 2017●大塚正諭
16式機動戦闘車量産型●野口卓也
軽量戦闘車両システム(その4)防護構造車両、デモ走行公開●野口卓也
テロ対策特殊装備展’17/危機管理産業展2017
宮嶋茂樹写真館
日米共同訓練オリエントシールド2017●矢作真弓/Work’s & 乙夜
イチロー ナガタ、特選ポートレート猛者たちの風貌 FRESNO COUNTY SHERIFF SWAT●Ichiro Nagata
大統領専用車「ビースト」日本上陸
SAT NEWS
桜の時評●桜林美佐
重要影響事態対処医療の最前線●照井資規
特選群
今さら聞けないフライトジャケットの話CWU-45/P編●嶋田康宏
現代兵法
乙夜の“気になる”装備
中田商店×乙夜
ガンショップ見て歩き in U.S.A.●貴比呂優一
マルゼンLIVE SHELL ACTION M1100 AUTOLOADER SHOTGUN
ワールドインテリジェンス・リポート●安部川元伸
シネマ試写室
T-MOUTサバゲー研究所
射撃術研究所
お知らせ
編集後記
東京マルイフェスタ4th
NOVEL ARMS Presents葉隠訓練6
爆裂祭2
SUPPORTED BY ALPHA INDUSTRIESKRYTAC OWNER’S MEETING 02
S&TTYPE 64 NEW VERSION

A&KSTW HK416D
S&T M40A5
WELLAK74MN CO2GBB/AKS74U CO2GBB
APS airsoftCAM870 MKⅡ-J MAGNUM
APS airsoftPATRIOT-R BLOWBACK
PICK UP ACCESSORY
ストライク アンド プレミアムプレゼント



2017年11月21日

MOOK「トイガンダイジェスト2018」 アームズマガジン 毛野ブースカから

アームズマガジン 毛野ブースカです。
11月20日に発売されましたMOOK「トイガンダイジェスト2018」をご紹介させていただきます。

私がMOOK「トイガンダイジェスト」シリーズの制作にかかわるようになって10年近くなります。通常のMOOKの2倍以上の300ページに迫るページ数と、月刊誌の編集作業と並行して制作を行なうので、この季節になると毎年ツライのですが、ライフワークに近い感覚で乗り切っています。

2018年版は細かい部分で加筆修正を加え、巻頭では東京マルイの次世代電動ガンAK47 TYPE-3をはじめとした国内外各社の新製品をピックアップ。さらにカタログコーナーではG&Gアーマメントの電動ガンをすべて掲載。表紙では1500挺と謳っていますが、実際の掲載数は1600挺近くあり、トイガンダイジェスト史上、最強の内容となっております。

これほどまでにエアガン、モデルガンを掲載したMOOKは世界を見渡しても存在しません。トイガンとミリタリーの専門誌であるアームズマガジンだからこそ制作可能なMOOKであり、トイガン文化発祥の国である日本だからこそできるMOOKだと私は自負しています。

ちょっと小難しい文章になってしまいましたが、毎年買っていただいている方も、まだお読みになったことがない方も、ぜひ手にとってご覧いただければと思います。

 


トイガンダイジェスト2018

 

・・・・・・・・・・・・・・

目次

■2018年注目のニューモデル
東京マルイ 次世代電動ガンAK47 TYPE-3
KSC M9A3
KSC ブルガリアンPMサイレンサー
KSC STIストライクガン07(HW)
KSC P230アーリーHW
タナカ S&W M442センチニアルエアウエイトJ-Policeヘビーウエイトガスガン
タナカ S&W M627 PC 5インチ8ショットヘビーウエイトVer.2ガスガン
ハートフォード LEIJI SMALL ARMS COLLECTIONドラグーン・スカルグリップモデル
クラウンモデル SCAR FNLエアコッキングガン
G&Gアーマメント TR16 MBR 308SR&WH
G&Gアーマメント TR16 MBR 556 WH
G&Gアーマメント ARP556
G&Gアーマメント CM16 Raider 2.0/Raider L 2.0E/CM15 KRシリーズ/AR15 SBR8/GTW91
BO Manufacture FABARM PROFESSIONAL STF12エアコッキングショットガン
LCTエアソフト LC-3 SG1電動ガン
LCTエアソフト LTSキーモッド9.5/G-04/RPK/M60 VN

■AIRGUN NEW MODEL PICKUP
●国内メーカー
東京マルイ
タナカ
KSC
WA
マルゼン
●海外メーカー
G&Gアーマメント
KRYTAC
LCTエアソフト
BOLT AIRSOFT
キングアームズ
ARES
ASG
クラシックアーミー
E&Lエアソフト
アローダイナミック
GHK
KJワークス
APS
CYMA

■AIRGUN ALL CATALOG
●ライフル
●ハンドガン
●アンダー18

■MODELGUN NEW MODEL PICKUP
●タナカ
●ハートフォード
●エラン
●MULE
●CAW(マイズファクトリー)
●留之助商店

■MODELGUN ALL CATALOG
●ライフル
●ハンドガン

 



2017年11月17日

BO MANUFACTUREのマグネティックシステム、MTO PHANTOMが開発中止

昨日、Something Tacticalのブログにて、「BO MANUFACTUREのマグネティックシステム、MTO PHANTOMが開発中止」の告知がありました。

引用元: http://somethingtactical.militaryblog.jp/e889733.html

正式発表
BO MANUFACTURE/MTO

MTOシステム及びMTOシステムを搭載したエアガンに関して、
皆様が多くの期待や疑問をお持ちであることを理解し、この度以下の発表を致します。

BO MANUFACTURE社は長い時間にわたってMTOシステムの開発を進めていたパートナーである
「Magneto Research社」との関係を終えることを決定いたしました。
結果Magneto Research社はエアガン用システムの開発を終了することとなりました。

BO Manufactureスタッフ一同は皆さまのご期待に応えられず大変申し訳なく思っております。
今後はベーシックなエアガン製品の販売に集中し、
ゲーマーやフィールドと共に、質のいいエアガン、オリジナルなモデル、充実したサービスを提供できるよう努めて参ります。

宜しくお願い致します。

 

昨年7月のVショーで発表され、国内ユーザーの間でも話題となった本システムが開発中止となったことは非常に残念です。

Vショー 2016年7月の記事:
http://www.hyperdouraku.com/event/vshow1607/

リニアモーターを使用した電動ガンは技術的になかなか難しいと聞きますが、なんとか製品化してもらいたかったですね。



2017年11月4日

「UAB3」3on3トーナメント レポート by DEN

みなさん、初めまして。
UAB代表のDENと申します。
2017年10月22日(日)、群馬県ASTREAにて「UAB3」を開催いたしましたので、そのレポートを掲載させていただきます。

まずは、「UAB」をご存知ない方のために、簡単にご説明します。

「UAB」とは?

完全なる統一規格、フィールド規格、公認審判により厳正な試合を行えるステージを提供し、遊戯としてのサバゲーから、競技としての大会運営を目指しております。

現在、「UAB」では、
UAB1 → 1on1トーナメント
UAB3 → 3on3トーナメント
UAB5 → 5on5トーナメント
の3種目を開催し、今回は「UAB3」のレポートをいたします。

 

「UAB3」とは?

UABが仕掛ける次なる一手。
UABトライアングルによる完全点対称。
全てのスキルを駆使し、空間を支配しろ。
全サバゲーマー参加型エクストリームスポーツ!
エアソフト×スポーツ=UAB
これは紛れもなくスポーツだ!

【UAB3プロモーション動画】

「UAB3ルール」はこちら↓↓
http://to4656.wixsite.com/uab-officialwebsite/rule-uab3

 

3on3の参加定員30チームの募集に対し、30分で応募枠が埋まってしまうなど、大変な反響をいただき、嬉しい限りです。
トレーサー・蓄光弾の使用により、視認性が大幅に向上、また、UAB大会初の競技用BGMを採用し、過去のUAB大会と比較しても臨場感があり、観客が見ていて楽しんでいただけたと思います。


大会当日に発表される競技用フィールドでのバリケ(UABトライアングル)の配置を、プレイヤーは朝8時から9時半までの間に確認し、戦略などを立てます。
みなさん、真剣に協議されていました。開会式にて、対戦組合せの抽選が行われ、大会の雰囲気を盛り上げます。


参加した30チームは、6チームずつの5ブロックに分かれ、総当たりにて各ブロックの予選通過を目指してもらいます。

 


UAB3では1試合につき弾数100発制限があるため、プレイヤーには、100発計量カップが与えられます。


UABでは、弾速チェックはもちろん、装備品のチェック、抜き打ちでのチェックを厳重に行っております。
上記写真は、弾数100発制限を抜き打ちチェックしているところです。


指定されたポールにマズルをタッチし、スタートBOXに入った状態でスタートしなければなりません。


違反行為を確認されると、すぐさま試合が中断し、審判による裁定が下ります。
上記写真のように、審判がプレイヤーの被弾判定をサポートするほか、違反行為に対しても厳しいジャッジを下します。
予選通過した各ブロック上位2チームにて、決勝トーナメントを行います。

 


観客が見守る中、白熱した決勝トーナメントが行われました。

 


激戦をくぐり抜けて決勝戦に駒を進めたのは、『隠舞69式』と、『69 Family』です。
それでは、決勝戦の試合の模様をご覧ください。

 

【第一回UAB3 決勝戦 隠舞69式 vs 69Family】

そして、ついに優勝チームが決定!


30チームの激戦を制し、初代チャンピオンとなったのは、
☆隠舞69式☆
おめでとうございます!


2位から10位までの順位は、以下の通りです。
2位:69 Family
3位:KOS
4位:88(ダブルエイト)
5位:GESU FACTORY
6位:チェンバーズ
7位:青木同好会
8位:そろばん塾(仮)
9位:凸撃チンパンジー
10位:うらすた

表彰式のあと、UAB恒例のジャンケン大会が行われ、協賛スポンサー様よりいただいた賞品が授与されました。
今回「UAB3」を運営してみて、自分自身大好きなサバイバルゲームを根源とする新たなジャンルとして、誰でも楽しめるスポーツ競技として、発展していけると改めて感じました。
今後は、体験会などを開催して、より多くの方々に「UAB」の楽しさを知っていただきたいと考えています。
今回は、ご観覧いただき、ありがとうございます。
次回UAB3は、2018年1月開催予定です。
ぜひホームページをチェックしてみてください。

2018年度より全国公認フィールドを巻き込んだ統一規格による、かつてない規模での個人競技大会『UAB1 全国ランキング戦』を開催! 乞うご期待!

今回の記事は、ハイパー道楽様のご好意でレポートを書かせていただいております。
ありがとうございました!

ご参加いただいたプレイヤーのみなさん、運営にご協力いただいたみなさんにも、この場を借りて御礼申し上げます。

 

■関連レビュー

UAB5 大会レポート

ASTREA フィールドレビュー



2017年11月1日

第2回むげんモデルガンファイアーフェスティバル レポート

初めまして!
昨年ゴジラが上陸した地!?東京蒲田のトイガンショップ「マグナムショップ むげん」と申します!

2017年10月15日(日)に埼玉県の行田市のR17スタジオにて【第2回むげんモデルガンファイアーフェスティバル】略して”MMFF2”を開催しました!

今回はハイパー道楽様のご厚意で、簡単なレポートを掲載して頂く事になりました。
ありがとうございます!

“MMFF”は、ざっくり言うと、モデルガン発火祭り的なイベントです。

開催のいきさつは、「発火モデルガンを買っても撃つ場所がない!」
というモデルガンユーザーさんの切実な声にお答えして
“周りを気にせず好き勝手に撃ちまくれるモデルガン発火会”を開催したいと考えました。

イベントのコンセプトとかは特にありません。
参加者が自由に好きなモデルガンを持ち寄って、自分の好きなように自由に撃ちまくる!ただそれだけのイベントです。

当日はあいにくの雨模様でしたが、壁はなくて屋根がある特殊な建物なので、快適にモデルガン発火を楽しむことができました。

この屋根はあるけど壁がない構造が、発火音に独特の反響を加えてくれます。
まるでVシネマやTVドラマのワンシーンを見ているような錯覚に陥りました。
(実際にドラマやPVで使用されている場所のようです)
今回も参加者やゲスト、取材を含めて、20数名の人が集まりました。
タニオ・コバの小林社長が差し入れを持って駆けつけて下さり、コンバットマガジン誌からトモ・ハセガワ氏、デューク廣井氏も取材に来て下さいました。

イベントが始まると参加者は思い思いに自分のモデルガンを発火させ始めます。
ダブル、トリプル当たり前!という感じでクワッドキャップの大迫力のカートもあって
凄まじい迫力の発火音と炎、衝撃波!がそこかしこから飛び交いました。
中には有資格者によるプロップガンの発火までありました。

またタニオ・コバの小林社長を囲んでのモデルガン談義や、トモ・長谷川氏にレクチャーを受けた射撃→リロード講座、デューク廣井氏のS.A.A.による風船撃ちなどそこかしこで即席のミニイベントが自然に始まっていました。

この日の為に1週間掛かりで準備して来た数百発のカートを次々に発火される方や、スーツ姿で寸劇アクションを始めるグループ、ひたすらカートをセットしては発火を繰り返す方など、思い思いに楽しんでいらっしゃいました。

各自様々なモデルガンを持ち寄り、それぞれ好きなように発火し捲りました!

年配のファンには何処か懐かしいiDSPシステムの赤外線を利用した、モデルガンシューティングシステムの実演と体験もありました。

現行品だけに限らず、52年規制前のビンテージモデルでも容赦なく発火!
フルオートのカートシャワーは大いに盛り上がりました!

更に個別の発火だけに留まらず、有志により即興で車を使った襲撃シーンの撮影も始まりました。
スタジオ内を車が走行可能なので、撮影の自由度も大きく広がりました。

他にもトモ・長谷川氏の演出を受けて、様々な設定の撮影を行っていました。
(その写真はきっとコンバットマガジン誌に掲載されるでしょう)
そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎていきました…。

今回もフレンドリーな参加者の方々に支えられ、発火イベントの開催が出来ました。
生憎の雨天でしたが、今回も無事に最後まで皆楽しんでもらえる事が出来ました。

この場をお借りして、参加者の皆様に感謝致します。

幾つかの改善点もありましたが、前回・今回参加できなかった方からは、
次回こそは参加したいとのご要望も頂いておりますので、モデルガンファンの為に今後も続けていきたいと思っております。
次回は来年の春頃を予定しております。

今後とも『むげんモデルガンフィアーフェスティバル』をよろしくお願い致します!

Special Thanks
タニオ・コバ、ホビーフィックス、コンバットマガジン誌

主催:マグナムショップ むげん