2018年1月20日

キレっキレG&G GC16 MBR 7・9・12。おすみ店長がもっこり暴く

41PXのおすみ店長が、おねえ言葉でわかりやすく(笑)、G&Gの電動ガン GC16 MBRシリーズを解説してくれています。

 

いやぁ、このキレッキレの感じ、たまりませんねぇ。

 

41PXのショップ紹介レビューはこちら



2017年12月27日

月刊アームズマガジン2018年2月号発売! アームズマガジン・毛野ブースカから

毛野ブースカ
月刊アームズマガジンの編集ライターの毛野ブースカです。

2017年も残すところあとわずか。みなさんどんな1年でしたか?

気づけば、月刊アームズマガジンは2018年で創刊30周年を迎えます。30年前、すでにトイガンに興味を持ち始めていた私は、月刊Gun誌や月刊コンバットマガジン、月刊ホビージャパンから発行されていた『THE SHOOTING GUN』や『GUN SMITH』シリーズを読んでいました。そんな折、アームズマガジンが発売され(創刊当初は月刊誌ではありませんでした。そのへんのくだりは今号に掲載されている特別記事「アームズマガジン創刊30周年~トイガンとサバゲとともに歩んだ30年~」をご覧下さい)、創刊号を本屋で買いました。

その後、縁あって大卒でホビージャパンに入社して、初めて制作に関わったアームズマガジンが1996年6月号でした。かつて月刊ホビージャパンの読者だった私は、「巨大O編集長」と呼ばれた岡崎弘之元編集長のもとで働くとは夢にも思わなかったです。それから21年、途中ホビージャパン社員から外部スタッフに立場は変わったものの、現役スタッフの中で長老格になってしまいました。

冊数にして250冊以上、MOOKを含めると300冊近くになるます。その中で思い出の号をひとつ挙げると、特別記事内でも紹介しましたが、2000年2月号の「第一空挺団・隊内生活体験記」でしょうか。私と現編集長の渡辺干年を含めたスタッフ5人が、陸上自衛隊・習志野駐屯地で3日間に渡って体験入隊したドキュメンタリーチックな記事です。当時を知る人間には伝説の記事ですが、事前告知なしに、フラッシュライトを目に当てられて無理やり起される「非常呼集」は今でも思い出します。

こうして長く続けてこられたのも、読者のみなさんのお陰です。本当にありがとうございます。これからも面白い記事を作り続けてまいりますので、これからも変わらぬご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。

それでは、12月27日に発売されます2018年2月号をご紹介させていただきます。カバーガールは、12月27日発売の最新シングル『ワロタピーポー』で選抜メンバーとしてもNMB48チームMの加藤夕夏さん。紛争地域で活動する女性スナイパーをイメージしたスタイルでキメてもらいました。


巻頭特集は「命中精度を極める」。海外記事は最新のスナイパーコンペティションの様子からスナイピングテクニックを紹介。国内記事は電動ガンとエアコッキングガン(ボルトアクションライフル)をベースに命中精度を極めたカスタムを施して対決。スナイパーライフルに必須な命中精度の極め方を徹底紹介しています。

さらに、アームズマガジンは今号をもって創刊30周年を迎えます。そこで皆さまへの感謝を込めて、特別付録としてアームズマガジン特製ステッカーと、30周年記念ロゴ入りプレミアム賞品を含めた読者プレゼントをご用意させていただきました。皆さん奮ってご応募下さい。


また、「アームズマガジン創刊30周年~トイガンとサバゲとともに歩んだ30年~」と題して、創刊号から最新号までの流れと、その時々に発売されたエポックメイキングなエアガン、サバイバルゲームの歴史を振り返っています。

2018年2月号をよろしくお願いします!!

 


月刊アームズマガジン2018年2月号

・・・・・・・・・・・・・・

■目次

■アームズマガジン創刊30周年記念超プレミアム読者プレゼント

■Arms MAGAZINE オリジナルカスタムガン製作プロジェクト 完成!!●32

■巻頭特集:命中精度を極める
2017年 国際スナイパー大会/飯柴智亮
PRECISION RIFLE MATCH/SHIN
USMC Scout Sniper/Hiro Soga
スナイパーライフルコレクション
G&GアーマメントTR16 MBR556WHスナイパーカスタム
東京マルイM40A5ショートバレルカスタム
電動vsボルト スナイパー対決!
LEスナイパースタイリング
ライラクスMODE-2サプレッサーシリーズ実力検証
帰ってきたスナイパー弾道学
スナイパーに必要なBB弾はどれだ!?

■TOYGUN’s FIELD
●TOYGUN NEWMODEL速報
東京マルイ コルトM45A1 CQBピストル
東京マルイ USP
タナカ S&W M627 PC 5インチ8ショットVer.2ガスガン
タナカ S&W M1917モデルガンシリーズ
ウエスタンアームズ コルトナショナルマッチPre70ブルースチールカスタム
ウエスタンアームズ V10ハイキャパシティ
KSC Vz61コンシールド/Mega MATENスタンダード
ハートフォード M1860アーミーコンバージョンオールブルード/FDCライトIIツーハンドカスタム
MULE ダブルバレルデリンジャー
B.W.C. 9MM MAJAR

●IMPORT TOYGUN PICKUP
KRYTAC TR47
S&T 38式歩兵銃エアコッキングガン
ARES WA2000スペシャルエディション
LONEX L4アサルトライフル電動ガン/ECHO1 KG9電動ガン

■毛野ブースカのCUSTOM PARTS PICKUP

■Customgun,Newparts & Accessory

■最強トイガン伝説 ボスゲリラ妄想劇場

■ガングラフィックス HOWA AR180

■トイガンマニアックス タナカブローニングハイパワーカナディアン

■トイガン業界アーカイブ 業界のプロフェッショナルたち⑨小林太三(前編)

■北村諒のサバゲアイテムセレクション

■ライラーメンNo.63の大サバゲ実験室~Discover Savage~

■REALGUN REPORT:グロック19 Gen5/SHIN

■Private Tactical Trainning by Jason Davis/Hiro Soga

■ラテンアメリカ・ポリス&ファイアーゲーム/櫻井朋成

■TALISMAN SABER/SOUTHERN KATIPO 2017/Arthur T. Gordon、笹川英夫

■PICKUP ITEMS

■GEARs 装備カタログ

■サバゲ野郎 一番星

■LittleArmory M134ミニガンタイプ(設置型)を作ろう!

■Tactical Gear Laboratory~戦術装備研究所~

■Virtual Mission Game Manual 水崎綾女の仮想作戦遊戯教本

■鈴木咲のBEGINNER SURVIVAL GAME STYLING

■サバゲ祭2017
●イベントレポート
●参加者カスタムガンコンテスト
●ベストスタイリングコンテスト

■植杉佳代のUP TO THE MINUTE GUN SHOOTING 最終回:リミティッド2017参戦

■全国サバイバルゲーム陣取り合戦その① 群馬県 AK‐47ウピウピサバイバルイベント開催

■フォートレス秋葉原店 大感謝祭/フォートレス今年最後のサバゲ! 要塞チャレンジ!!

■ショットショージャパン 冬の部

■正田美里アワー 笑ってサバとも!

■S.V.G. Unlimited Vol.13

■全国サバイバルゲーム陣取り合戦その②鳥取県DAISEN AIRSOFT PARTY2 開催

■THE BAKEWALL JAM 2017

■月刊ゲリラリラ

■イベントカレンダー

■IMPORT TOYGUN NEWS

■Arms CINEMA INFO:白河理子の今月のイチオシ!!/小明の神聖キネマ帝国

■アームズレコメンド

■ARMS SQUARE

■COVER GIRL SPECIAL SELECTION 加藤夕夏(NMB48)

■アームズマガジン創刊30周年~トイガンとサバゲとともに歩んだ30年~

■BLACK POWDER RED EARTH

■海上保安庁 平成29年度第三管区警備救難競技大会

■COMBAT FIRST AID コンバット・ファーストエイド

■リエナクトメントのススメ「ドイツ軍の糧食」再現 ドイツ軍兵営体験イベントレポート③

■主を失った世界の名銃たち

■肉体改造 マッスルロード

■アームズマガジンショップ

 



2017年12月27日

コンバットマガジン 2018年2月号発売!! 服部編集長より

服部編集長
ハイパー道楽をご覧の皆さま、コンバットマガジン編集長の服部と申します。

 

今月号の表紙は11月のマルイフェスティバルで発表された89式小銃。

発売が待ち遠しいモデルです!

 

特集は、2018世界情勢&ミリタリートレンド予測!

GUN&ミリタリーの総合専門誌をうたう弊誌『コンバットマガジン』が、

各界の著名人に2018年を予測してもらいました!

 

もちろん、CMを代表する軍事レポーター、菊池雅之さんによる「自衛隊をめぐる動向」も!

 

11月号で評判となったKEN NOZAWAさんによる近未来予測小説も!

 

他にも読み応えたっぷりの力作揃い!

各タイトルは、このページの下の方にある目次でお確かめください!

 

そして、もうひとつの特集は、年末に向けてたくさん発表されたトイガンのレポート。

いつもより拡大してお届けいたします!

東京マルイさんの次世代電動ガンAK-47や、

 

MULEさんの新作モデルガンの数々!

 

ウエスタンアームズさんの新作や記念モデルの数々!

などなど、盛りだくさんでお届けします!

 

我らが「戦え !!ぴっちょりーな⭐︎」は、

インドアフィールドBATTLE SPOTさんの3周年イベントに突撃取材!

 

ほかにもヨーロッパ最大のミリタリーショーのレポートや

米陸軍制式採用ピストルの選考で繰り広げられたGLOCKとSIGの戦いを振り返るルポなど、

今号も見所満載!

 


コンバットマガジン 2018年2月号

 

2017年も残すところわずかとなりました!

皆さま、よいお年をお迎えください!

 

 

今号も宜しくお願いいたします!



2017年12月23日

各種BBグレネードをスローモーションで解説

いろんなタイプのBBグレネードをスローモーションで解説する動画がGear LockerのYoutubeチャンネルで公開されていました。
動画を眺めているだけでも面白いですね。



2017年12月21日

小型化を果たしたフルオートトレーサー、ACETECH LIGHTER

ハイパー道楽でも以前に紹介したACETECHの高性能フルオートトレーサー、AT1000の小型版ともいえる、『ACETECH LIGHTER』が登場しました。

秋葉原のミリタリーショップ、41PXのおすみ店長がわかりやすい動画解説をしています。

ハンドガンのみならず、レールハンドガードに埋め込み可能な30mm径なので幅広く対応できますね。
こちらハイパー道楽でも後日レビュー予定です。

USB充電で、とにかく小さい!! そして軽い!! これはおススメのトレーサーです。

SPEC.
全長 101mm、幅 30mm径
重量 60g (アダプター含まず)
450mAh リポバッテリー内蔵 (フル充電で12,000発射撃可能)

41PX ショップ紹介

41ミリタリー
http://www.41military.com

 

『ACETECHのトレーサー』をAmazonで探す



2017年12月21日

電子トリガーシステム TITANの機能が凄い!!

エアガンショップ、AIRSOFT97の動画で気になる電子トリガーユニット、TITANの解説がされていました。

光センサーでセクターギアの歯を認識しているということですね。
プリコックにキャリブレーションを行って、停止位置が安定しているのが良いですね!!
また、トリガーの挙動を細かく設定できるのも特徴です。

ショップ紹介

AIRSOFT97
http://airsoft97.com/

 

『電子トリガー』関連商品をAmazonで探す



2017年12月3日

バトルスポットで超本格タクトレ講習会

イベント名: 超本格タクトレ講習会
開催日時:

12月14(木)19:00~22:00 CQMコース

12月15(金)19:00~22:00 CQBコース

12月22(金)19:00~22:00 Missionコース

 

CQM:ガンハンドリング・射撃技術(プロセス・停止・移動等)

CQB:個人技術・2マンセル・チームタクティクス等

Mission:アサルトチームとして人質救出などの想定ミッションをクリアせよ!

※MissionコースはCQM・CQBコースを受講した方のみ参加可能です。

過去の受講者はCQBコースより参加可能です。

 

会場:千葉県千葉市中央区浜野町1025-240 Battle Spot

参加者対象:18歳以上

定員: 10名様

参加費:各コース10,000円(税込)

※全コース申込み10%OFF

申込み方法:Battle Spot公式サイトのお問合わせフォーム

または直接お電話にてお申し込み下さい

問合せ先:043-308-3052
主催者:Battle Spot

フィールドサイトURL:http://www.battle-spot.com/

イベントページURL:http://battlespot.sblo.jp/

申し込みURL:http://www.battle-spot.com/mail.html

 

 

・イベント内容紹介

今回も本格志向のサバイバルゲーマー向け、タクティカルトレーニング講習です。

講師は前回に引き続き、海外任務を始め、海空自衛隊でも教官をしていた元陸上自衛官のHANZOさんが実施します。

ハンドガンやライフルのマグチェンジや射撃術などの個人スキルからSUT(小部隊戦術)などのチーム戦術スキルまでサバイバルゲームの領域を超えた本格的なトレーニングを実施します。

またMissionコースまで行くと、実際の有事を想定した人質救出ミッションを疑似体験できるぞ!!

10名までの限定講習なので、是非、お早めにご予約下さい。

前回のイベントの様子

 

・フィールド紹介

エアガン・サバゲー情報サイトのハイパー道楽が全面監修。

緻密に計算された本格的なCQBインドアフィールドなので戦略的なプレーが楽しめます。

また、フィールド随所に施されたミリタリーテイストあふれる演出や照明効果は雰囲気抜群。

戦闘中のオリジナルBGMやカウントダウンタイマーなど、音響面にもこだわって作られています。

 

CITY動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=SXKjOeaebdU

RUINs動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=xG2p4eq3i3c

 

※注意事項

受付は30分前となります。

当日は終日18歳以上の方限定となります。

予約制となりますのでご注意ください。



2017年12月2日

台湾で『すき家の牛丼』を食べてみた結果…

ミリタリーイベントの取材で台湾に来ています。

新台北のホテルの近くにすき家を見つけたので牛丼ニストとしては居ても立っても居られずに食べてみました。

店構えはいたって普通。すき家のロゴもそのまんまです。

 

店内も中国語以外は日本と同じ。レジはお持ち帰り用と店内で食べた人用と分かれています。

 

メニューも日本式。牛丼の並が69台湾ドル、野菜の炒め物と味噌汁のセットで99台湾ドル。

並セットとコロッケ的なものを頼みました。

中国語しか通じないのですが、コロッケ的なものが何味か英語で聞いてみたらカウンター隣で食べていた若い男性が助けてくれました。優しい〜。

 

醤油、七味、紅ショウガなどは日本と同じ、ソースがあるのは珍しいですね。箸も先の細くなった日本式です。台湾の箸って先が平行に太いんですよね。呼びブザーもあります。

 

さあ牛丼です!まずは野菜がどんな感じか気になりますのでパクリ。

ニンニクの効いた空芯菜の炒め物って感じです。しかし量がやたらと多い!

味噌汁も日本と同じです。そしてコロッケ的なものは普通にコロッケでした(笑

牛丼の味は日本と全く同じと言って良いでしょう。ラスベガスの吉野家とは違います。

 

お値段は129台湾ドル。日本円で530円くらいですかね。

ごちそうさまでした!